記事一覧

ベルファーストで連続殺人事件?

…というのはTVドラマの話(笑)。今、RTE(アイルランド放送協会)で放送中のベルファーストを舞台にした犯罪ドラマ、「The Fall」にはまっています!RTEの番組紹介ページよりベルファーストで起こった謎の殺人事件を解明するため、ロンドン警視庁より派遣されてきた美人刑事局長。彼女の指揮のもと地元北アイルランド警察が事件の解明にあたる…というストーリー。事件を軸に警察側&殺人犯側のさまざまな人間模様が描き出されるの...

続きを読む

ロンドン・サーフ映画祭にノミネートされたアイルランド映画「ザ・ディミング・タイド」

サーフ仲間のジュールズ(Jules)が制作した短編ドキュメンタリー映画が、ロンドン・サーフ・フィルム・フェスティバル(London Surf Film Festival)の短編映画部門にて最終選考にノミネートされました。今年で2回目となるサーフィン映画の映画祭。10月11~14日にロンドンのRiverside Studios(Hannersmith, London, U.K.)にて開催されますこちらがそのジュールの作品。5分程の短い作品ですので、よろしかったら下記クリックして...

続きを読む

伝説のサーフ・ガールが映画に…『ソウル・サーファー』

先日バンドーラン(Bundoran, Co. Donegal)へサーフィンに出かけた際、地元の映画館で『ソウル・サーファー(Soul Surfer)』という映画を観ました。Soul Surfer 『チャーリーとチョコレート工場』や『テラベシアに架ける橋』のアナソフィア・ロズ主演この映画はハワイ在住の将来を有望された若き女子サーファー、べサ二ー・ハミルトン(Bethany Hamilton)の実話を元にしたもの。子供の頃からサーフィン一筋で育ってきたべサミ...

続きを読む

現代版コメディとなった『ガリバー旅行記』

久しぶりに、ものすごーく面白い映画を観ました。ジャック・ブラック(Jack Black)主演の3Dコメディ、『ガリバー旅行記(Gulliver's Travel)』です!ご存知の通り、原作はダブリン生まれのジョナサン・スウィフト作。18世紀に出版された風刺小説で、過去に何度も映画化されていますが、今回は現代版コメディです新聞社に勤める、人が良くて面白いけど、ちょっとさえないガリバー青年。夢は小説家…と大きいのですが、実際は10年間...

続きを読む

コリン・ファレル主演の映画「オンディーン」

この春の公開時に見逃してしまったニール・ジョーダン(Neil Jordan)監督&コリン・ファレル(Colin Farrell)主演の映画、「Ondine(オンディーン)」。DVDが発売されたので、早速観てみました。アイルランド南西部のベラ半島・キャッスルタウンベア(Castletownbere, Beara Peninsula, West Cork)にて撮影されました(写真はこちらのサイトより)コリン・ファレル扮する漁師が網を引いたら、魚ではなくて、美しい女性が吊り上...

続きを読む

サラ・ジェシカ・パーカーとドネゴール

昨日より『セックス・アンド・ザ・シティー2(Sex And The City 2)』がダブリンでも公開され、なんだか大騒ぎです。Sex And The City 2 - 日本では来週末より公開されるようですね!公開のかなり前からTVやラジオで話題となっていたこの映画。気のせいかこの週末は、街でSATCファッションの女の子たちをたくさん見かけたような…!ここまで来るともはや映画の内容がどうのこうの…というのを越えて、「あの4人が再びスクリーンに帰...

続きを読む

『マーリー・アンド・ミー』、見ましたか?

先日友人宅で、昨年公開された映画、『Marley & Me(マーリー・アンド・ミー)』を見ました。ジェニファー・アニストン&オーウェン・ウィルソン演じる新婚夫婦が、子育ての練習として子犬を飼うことにし、マーリーと名付けられた腕白なラブラドール・リトリーバーがやって来る…というお話。マーリーをめぐるドタバタ・エピソードと、それに平行してえがかれる夫婦&家族の成長物語…とでも言ったらいいでしょうか。Marley & Me最初...

続きを読む

話題のサーフ映画、『ウェイブライダーズ』公開

先日のダブリン国際映画祭で観客賞を受賞した話題のアイルランド映画、『Waveriders』がいよいよ封切りになり、昨日、見に行ってきました。製作に5年を費やしたというサーフィン映画。近代サーフィンのルーツをアイルランドにたどり、さらにその「波(ウェイブ)」が、ビッグ・ウェイブに情熱をかけるサーファーたちにより今日のアイルランドに再び戻ってくる…という、ユニークな構成のサーフ・ドキュメンタリーです。製作したInis...

続きを読む

アリスターの映画『ファイブ・ミニッツ・オブ・ヘブン』

昨年NHKのドキュメンタリー番組の仕事を通して知り合った、元UVFメンバーで、現在は和平運動の活動家であるアリスター・リトル(Alistair Little)さん。アリスターと、アリスターに兄を殺されたジョー・グリフィン(Joe Griffin)さんをモデルとした映画が昨年北アイルランドで制作され、このたびアイルランドの一部映画館にて公開されました。タイトルは『Five Minutes of Heaven』(写真はSundance Film Festival 09より)昨年1...

続きを読む

ジョイスの「ダブリン」とフィル・ライノットの「ダブリン」

明日から始まるTVロケは、ジェイムズ・ジョイス(James Joyce)がらみ。ジョイスの作品はいずれもダブリンが舞台になっており、ダブリンに実在する地名、ストリート、お店、パブなどが、それこそダブリンの観光ガイドであるかのように、詳細に描かれています。そんなジョイスの歩いた(もしくはジョイス作品の登場人物たちが歩いた)ダブリンを撮影するのですが…、ひとつ困ったことは、現在のダブリンは、ジョイスの時代とは100年...

続きを読む

『JAZZYな妖精たち』

今年の初め、宝塚歌劇の演目ゆかりの地を訪ねるツアーというのがあって、宝塚スターの方をご案内したことがありました。それまで宝塚のことはよく知らなかった私ですが、スターの方々がとても素敵だったので、チャンスがあったら実際の演目を見てみたいな…などと思っていたところ、その後ダブリンで宝塚ファンの方と知り合うチャンスがあり、DVDを何本か貸していただきました。やっとオフになり時間が出来てゆっくり見せていただい...

続きを読む

ボビー・サンズの映画『ハンガー』

先月のベルファーストでのTVロケの際、市内の図書館にてボビー・サンズ(Bobby Sands, 1954-1981)の新聞記事を撮影しました。1981年5月5日、ハンガー・ストライキにより獄中にて死亡したボビー・サンズの死を報じた、当時の新聞記事IRA暫定派(PIRA)の受刑者たちが、政冶犯としての権利奪回を求めて獄中で行った、1981年のハンガー・ストライキ。食事拒否から66日後に衰弱して餓死したボビー・サンズは、享年27歳。彼に続いて、...

続きを読む

『P.S. アイラヴユー』のロケ地へ

今回の酒井順子さんとの取材旅行は、日本でこの秋に公開される映画『P.S. アイラヴユー』のプロモーションをかねたもの。(鑑賞時の過去ブログはこちら)そのため、映画のロケ地となったカウンティー・ウィックロウ(Co. Wicklow)中心の旅となりました。ヒラリー・スワンク演じるホリーと、ジェラルド・バトラー演じるジェリーが初めて出会ったのは、ヒースの花咲くウィックロウの荒野。たたずむ酒井さんと、カメラマンのYayoiさ...

続きを読む

ディラン・トーマスとアイルランド

公開されて間もない映画、『ジ・エッジ・オブ・ラブ(The Edge of Love)』を観てきました。ウェールズのカリスマ的詩人ディラン・トーマス(Dylan Thomas, 1914-1953)と、その妻、元恋人、その夫…という複雑な人間関係の4人をめぐる、第2次大戦中の実話を元にしたストーリー。ディラン・トーマスを演じるのは、Matthew Rhysというウェールズ人の俳優さん。この人、ホンモノのディラン・トーマスに、似てなくもない感じです。そし...

続きを読む

ブーリン・ガールズのアイルランド・コネクション

先日、16世紀の英国王ヘンリー8世と2番目の妻アン・ブーリンとの史実を元にした映画、『The Other Boleyn Girl』を観てきました。6人の后を娶ったヘンリー8世は、英国の宗教改革を行った人物としても知られています。王妃の侍女として宮中に上がっていたアン・ブーリンを見初め、最初の后を離縁してアンと再婚したヘンリー8世。それが原因でローマン・カトリック教会から分離(カトリック教会は離婚・再婚を認めないため)、王を主...

続きを読む

『Once』のグレンとマルケタ、オスカーに輝く!

『Once ダブリンの街角で』のグレン・ハンサード(Glen Hansard)とマルケタ・イルグロヴァ(Marketa Irglova)が、見事、アカデミー賞最優秀歌曲賞の栄冠に輝きました!(一昨日のブログ、アカデミー候補のアイリッシュ参照)http://oscar.com/より2度目の最優秀主演男優賞を受賞したウィックロウ在住のダニエル・デイルースと共に、今日は一日、各時間のTVニュースでグレンとマルケタの受賞スピーチが何度も放映されました。「I...

続きを読む

アカデミー賞候補のアイリッシュ

明後日のアカデミー賞授賞式(アメリカでは24日ですがアイルランド・日本では翌25日)に向けて、ここ数日、アイルランド人俳優・関係者へのオスカーの行方が話題となっています。今回、アイルランド国内でとかく注目されているのが、日本でも昨年暮れから公開中の『Once~ダブリンの街角で』に主演のグレン・ハンサード(Glen Hansard)とチェコ人のマルケタ・イルグロヴァ(Marketa Irglova)。映画の中で2人が歌う‘Falling Slowl...

続きを読む

P.S. アイラヴユー

一昨年の秋にアイルランドで撮影が行われた映画、『P.S., I Love You』を観てきました。主演はヒラリー・スワンク&ジェラルド・バトラー(『フレンズ』のフィービーも出ています!)アイルランド人作家による同名小説の映画化。著者のセシリア・アハーン(Cecelia Ahern)さんは、なんと現アイルランド首相バーティ・アハーン(Bertie Ahern)の娘さん。日本語版は林真理子さんの翻訳で、2004年に出版されています。(『P.S.アイ...

続きを読む

静かなる男

姉の家にあったDVDで、久しぶりに観たジョン・フォード監督(John Ford)のこの映画。静かなる男(The Quiet Man, 1952)今回久しぶりに観て、さすが名作とあらためて感動。ストーリーは痛快、かつ、筋はシンプルながらなかなか凝った作り。半世紀の歳月を経た今も尚、ファンが多いのもうなずけます。音楽シーンも多く、これって50年前の『Once』なのかも…と思ってしまったくらい。アイルランド民謡満載で、音楽映画といってもいい...

続きを読む

コメディ映画と思いきや…『Garage』

カンヌ国際映画祭で「芸術・実験映画賞」を受賞したというアイルランド映画『Garage』を観てきました。wikipediaよりあの『アダムとポール』のLenny Abrahamson監督の新作で、脚本も同じくMark O'Halloran(俳優でもある彼は、前作ではアダム役を演じています)。期待通り、『アダムとポール』と同種のテイストがただよう作品でした。違いは、『アダムとポール』は、とてつもなくミゼラブルな状況なのになんだか笑える…といった「...

続きを読む

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

おかげさまで重版決定
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

イベントのお知らせ
スケジュールが決まり次第、お知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。
Instagram

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ