FC2ブログ

記事一覧

アイルランドと上田がラグビーでつながったら…(私の妄想)

来週末に都内でさせていただくアイルランド本のイベントに向けて一時帰国しています。地元の新聞で本の出版のことを取り上げてくださるとのこと、インタヴューをお受けしたのですが、その際に2019年に日本で開催されるラグビー・ワールドカップのことが話題となりました。日本とアイルランドが同じ予選プールに入ったことで、ラグビーを通してアイルランドに注目が集まっているようですね。我が故郷、長野県上田市は、2019年RWCの...

続きを読む

都内でのアイルランド本のイベント 追加設定のお知らせ

今月下旬に発売になる私のアイルランド本「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」の出版イベントですが、おかげ様でご参加のご希望が多く、同日に追加設定されることになりました!現地在住ガイドが語る、アイルランドの愉しみ方日時 2017年6月3日(土)会場 八重洲ブックセンター(JR東京駅 八重洲南口)第1回 14:00~15:30 定員100名※満席→キャンセル待ちを承ります≪追加設定!≫第2回 17:15~18:45定員100名※お申込み...

続きを読む

東京でのアイルランド・セミナー、無事終了

クラブ関東さんのアイルランド・イベントにて ここ数日間、東京に滞在しています。 先週から家にこもって準備に明け暮れた、アイルランド観光イベント/セミナーのついに本番。昨日今日と二晩にわたり、2つのイベントで講師としてお話しさせていただきました。 仕事柄、話すことには慣れているものの、今回はいつもと違って台本ありのトーク。ガイディングは車窓が移り変わるのに合わせて即興で話を進めていきますから...

続きを読む

アイルランド・セミナーの準備中…

来週、東京都内で開かれる2つのイベント&セミナーで講師をさせていただくことになりました。内容はアイルランドの観光について。昨日はその打ち合わせで、東京のアイルランド大使館へ。アイルランド大使館のある麹町界隈は、社会人になって最初に勤めた場所。もう20年も前のことですが(!)、なんだか懐かしかったです。大使館にうかがうのも久しぶり。というより、ちゃんとお訪ねするのは初めてかも。打ち合わせの席でこれまた...

続きを読む

実家で咲いたバラ、「ダブリン・ベイ」

母と一緒に実家の庭仕事をしていたところ、思わぬところでアイリッシュ・コネクションに出くわしました。玄関先のバラを移植する作業をしていたところ、樹の根元に「ダブリン・ベイ(Dublin Bay)」と書かれたタグがついているのを発見。母が購入、植えて育てていたバラなのですが、名前は全く見ていなかったようです。知らずして娘の住む街の名のついたバラを選んで育てていたとは、さすが母親!…というか、笑える(笑)。こんな...

続きを読む

ルナサ、ヴェーセン、ナヌーク、夢の共演

拍手鳴りやまず、感激のフィナーレ週末は久しぶりに東京で過ごし、アイルランドの伝統音楽バンド、ルナサ(Lunasa)が出演するミュージックプラントさんの20周年コンサートへ。東京でアイリッシュ・ミュージックを聴くという、私にとっては貴重な体験(!)をさせていただきました。2日間のコンサートの初日にうかがったのですが、会場は開演前から待つ人でいっぱい。以前にアイルランドでお仕事をご一緒させていただいた方にばっ...

続きを読む

ルナサ来日!ミュージックプラント20周年コンサート in 東京

アイルランドのミュージシャンの来日コンサートや、日本盤CDリリースのコーディネートなど、日本とアイルランドを音でつなぐお仕事を幅広く手掛けておられるミュージックプラントの野崎洋子さん。以前にご一緒にお仕事をさせていただいたご縁で、その後も野崎さんの幅広いネットワークにはいつもお世話になっています♪このたびミュージックプラント設立20周年を記念して、野崎さんが日本に紹介してきたアイルランド&北欧の人気バ...

続きを読む

W.B.イエーツ原作、アヌーナ出演のケルティック能『鷹姫』

アイルランドの国民的詩人・劇作家で、1923年にアイルランド人として初めてノーベル文学賞を受賞したW.B.イエーツ(William Butler Yeats, 1865-1939)は、若い頃から日本の精神世界に強い憧れを抱いていました。中でも日本の能に強く魅せられ、ケルトの思想に相通じる「あちらの世界(=異世界)」や「幽玄」を能の世界に見出したイエーツは、能仕立てのお芝居『鷹の井戸』を執筆しています。この作品は1916年にロンドンで初演さ...

続きを読む

日本のライアンエア?格安フライト「ピーチ」

スウェーデンから戻り、再びアイルランドでのガイディング生活に戻りました。ここ数日ご案内していたお客様は、ピーチ・アビエーション(Peach Aviation)という関西空港を拠点とする格安航空会社の関係者の方。2011年に設立された新しい航空会社さんで、フューシャ・カラーを基調とした可愛いデザインやロゴなどで人気の航空会社さんだそうです。機内には置いていないという機内(機外?)誌には、ガイドブックにはない穴場スポッ...

続きを読む

小泉八雲熊本旧居にも被害

熊本の地震以来、その後の余震や、被災者の方々の状況を日々ネットでニュースを追って過ごしています。私の父が天草出身。今はもう九州地方に直接の親戚はないのですが、それでも熊本と聞くと人ごととは思えない気持ちです。5年前、父の17回忌の年に家族で天草を訪ねた際、帰りに熊本城の桜を見て感激。あの熊本城も石垣が崩れ、天守閣の屋根瓦が崩れ落ちてしまったと聞きました。過去にご案内させていただいた熊本出身のお客様も...

続きを読む

オーラ・カイリー・ショップが表参道にオープン

そういえば今月、表参道にオーラ・カイリー(ORLA KIELY)のショップがオープンしたようですね。すでに大手デパートや、ユニクロとのコラボでも知られるオーラ・カイリーのコレクション。以前に六本木ヒルズ内にショップがあったこともありましたが、路面店は日本初です。こちらの記事より→フジイが「オーラ カイリー」の路面店を表参道にオープン日本では英国ブランド…と紹介されることが多いようですが、デザイナーのオーラ・カ...

続きを読む

ジョン・レノンが泊まった軽井沢・万平ホテル

信州名物のリンゴたっぷりのタルト。ジョン・レノンが作り方を教えたというロイヤルミルクティーと一緒にいただきました。万平ホテルのカフェにて日本での滞在を終え、ダブリンに戻りました。予定を合わせてくれた母と姉のおかげで、短い滞在ながらも家族であちらこちらへ出かけ、とても楽しい1週間でした。滞在中、久しぶりに軽井沢へ出かけ、創業120年の老舗、万平ホテルに宿泊しました。実家から車で小一時間の距離にある軽井沢...

続きを読む

無印良品のアイルランド音楽CD

数年前のことですが、無印良品のBGMCDのイメージ写真撮影のコーディネートの仕事をさせていただいたことがあります。(関連過去ブログ:無印良品ブログ「音を訪ねて」)その時のCDが一部視聴できるようになったとのこと。アイルランド各地(ダブリン、ウィックロウ、クレア、コネマラなど)で撮影された美しい画像と共にアイルランドの楽曲がお楽しみいただけます。かれこれ3年半ほど前にさせていただいたお仕事。ミュージックプラ...

続きを読む

ダブリン在住のハープ奏者・村上淳志さんの日本公演

村上さんのアルバム「Ceol Uisce」(Máire Úna Ní Bheaglaoich & Junshi Murakami) 。私も時々聴かせていただいています♪(タムボリンにて取扱中)ダブリン在住のハープ奏者・村上淳志(むらかみじゅんし)さんの日本演奏が今週末より始まります。(村上さんのブログ、愛蘭土竪琴通信より)愛蘭土竪琴巡業2014 東京~名古屋~京都~大阪出演 村上淳志(アイリッシュハープ)、木村林太郎(アイリッシュハープ、歌)4月19日(土...

続きを読む

山梨県立文学館の「村岡花子展」へ(「花子とアン」のこと、片山廣子のこと)

まるで私の一時帰国に合わせてくれたかのようなタイミングで放送が始まったNHKの連ドラ「花子とアン」を、毎日楽しみに見ています。私が長年にわたっての『赤毛のアン』ファンであり、海外への興味の原点が『アン』であったことは折に触れてお話しさせていただいていますが(過去ブログ参照:『赤毛のアン』とアイルランド?、アイリッシュだった…私のペンフレンド!など)、「花子とアン」は『赤毛のアン』を日本で最初に翻訳した...

続きを読む

タイタニック号に載せるはずだった自動演奏楽器

この週末は家族旅行で河口湖畔のホテルへ。近くの「河口湖オルゴールの森」にタイタニック号に載せるはずだった100年前の自動演奏楽器があると聞き、見に行ってきました。フィルハーモニック・オーケストリオン、タイタニックモデル。1912年、ドイツのウェルテ社製。高さ3.1メートル、幅2.3メートル、奥行き1.2メートルという巨大な自動演奏楽器1912年4月10日にイギリスのサザンプトン港を出航し、その数日後の4月15日未明に大西洋...

続きを読む

アラン編みの小物を編むワークショップ

先日発売された「アラン編みのちいさなニット」(誠文堂新光社)。本誌にて紹介されているアイテムをアイルランドの糸で編んでみましょう・・・という楽しいワークショップが開催されるとのこと、下記にご紹介させていただきますね。★アイルランドの毛糸で編もう。アラン編みの小物★日時: 2014年2月1日(土) 14:00〜16:00場所: アイリッシュカフェ・クラン(東武東上線・上板橋3分。詳しくはこちら)条件: メリヤス編み程度が編...

続きを読む

アイルランドのエンダ・ケニー首相、日本を訪問中

握手し合う日愛両首相(MerrionStreet.ieより)アイルランドのエンダ・ケニー(Enda Kenny)首相が日本を訪問中です。滞在予定は12月1~5日の5日間。今年6月に北アイルランドで行われたG8サミットの帰り道、日本の総理大臣として初めてアイルランドを訪問した阿部総理がケニー首相を招待したことを受け、今回の訪問が実現したとのことです。乗り継ぎ地でのフライトの遅延により5時間遅れで日本に到着したケニー首相ですが、空港か...

続きを読む

アイルランドの国旗色のカクテル

先日、今シーズン初の周遊ツアーでご一緒させていただいたお客様から、帰国後にお礼のメールを頂戴いたしました。メールに添付してくださった写真がこちら、アイルランドの国旗色のカクテル!お酒好きな楽しいご夫妻様、帰国後に行きつけのバーで作ってもらったそうです。その名も「アイリッシュ・フラッグ」!アイルランドの国旗は柄の方から順にグリーン・白・オレンジの3色。19世紀にウォーターフォード(Waterford)出身のトマ...

続きを読む

コカリナが奏でるアイルランドの歌「涙と希望の村」 by 黒坂黒太郎さん

黒坂さんご本人よりいただいた「希望のコカリナ」CD by 黒坂黒太郎とコカリナの仲間たち「コカリナ」という楽器をご存知でしょうか。オカリナにちょっと似た小さな笛のような木製楽器で、もともとハンガリーの露店で売られていたものが1995年に日本に紹介され、広められたのだそうです。「コカリナ」と命名し日本に紹介し、ご自身の活動をもって普及に努めてこられた方が黒坂黒太郎さん。コカリナの第一人者として現在も広く活躍し...

続きを読む

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

おかげさまで重版決定
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

イベントのお知らせ
スケジュールが決まり次第、お知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。
Instagram

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ