FC2ブログ

ホワイトフライア・ストリート教会でスピリチュアルに過ごす

最近スピリチュアルに目覚めた友人を連れて、久しぶりにホワイトフライア・ストリート教会(Whitefriar Street Church, Dublin2)へ。
ここは私のいちばんのお気に入りの、ダブリンのスピリチュアル・スポットです。

whiteflairdublin4
教会内で私がいちばん好きなの場所がここ、ダブリンのマリア様を祀った祭壇。等身大のマリア様は16世紀に作られた木像です

以前からこのブログにも何度か紹介させていただいている、聖バレンタインの聖遺物が祀られているのもこの教会です。

whiteflairdublin5
聖バレンタインの祭壇。キャンドルを捧げることはもちろん、置かれている「お願い事ノート(…と勝手に呼んでいます)」に、バレンタイン様へのメッセージを書き残すことも出来ます!

教会内にはその他にも、スピリチュアル好きにはたまらない、ご利益ありそうな聖なるものがたくさんあります。
まずは、お持ち帰り用の聖水。

whiteflairdublin3
教会入り口入ってすぐ左にあります。入れ物は教会内ショップに売られています

そしてアイルランドの教会によく見かける、フランスの聖地ルルドの石。

whiteflairdublin2
1858年ルルドの9回目の奇跡のとき、聖水が流れ出したその場所にあった石片だそう。ガラスに向かいのステンドグラスが写り込んでしまっていて、石がよく見えませんが…

そして、来るたびに長居してしまうのが、教会のショップ&カフェ
実は今日の私たちのいちばんの目的は、ショップでスピリチュアル・グッズを購入し、司祭さんにブレッシングしてもらうこと。
以前にブレッシングしていただいたあるものが、効果大だったので。

whitefraircafe1
たくさんの聖人ブロマイドの中でも、人気はやっぱり聖バレンタインのもの。聖人フィギャアや、メダイもいろいろあるんですよ~

ちょうどミサが終わったばかりで、司祭さんたちが休憩に入ってしまったとのことでしたので、カフェでお茶して次のミサを待つことに。
せっかくなので、私たちもミサに参列することにしました。私たちはキリスト教徒というわけではありませんが、ミサへの参列は歓迎してくださいます。
この教会のミサはなんだかかしこまっておらず、荘厳…というより、日常的な祈りの場…といった感じ。地元の信者さんたちに囲まれて司祭さんのお話を聞いていると、意味はよくわからないながら心が休まります。そしてみなで賛美歌を何度か歌って、握手しあうと、きれいな光をいっぱい浴びたようなさわやかな気持ちに。

ミサ終了後、司祭さんにお願いして、購入したばかりのグッズにブレッシングをしてもらいました。
これで念がこめられたので、効き目大…のはずです!

ちなみに今日、私が気に入って買ったのがピンクの天使ブロマイド。

whiteflairdublin1
裏に就寝前のお祈りの言葉が書かれているのですが、これがとってもいい言葉なんです

これからシーズンオフ、夜も長くなり、眠る時間が出来るので(笑)、今日から早速枕元に置いて、心安らかに毎日の眠りを楽しみたいと思います。(冬になってたくさん寝られると思うと、本当に嬉しい~!)

Whitefriar Street Church
Aungier Street, Dublin2.
(Great George St. Southをシティーセンターと反対方面に歩くとAungier Streetと名を変える。間もなく右側)

関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

★オンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ