FC2ブログ

記事一覧

花の名前のお部屋のホテル(エムラー・ハウス)

emlaghdingle6
各部屋の名前は、この地域に自生する花の名前が付けられています。私の部屋はホクシャ(英語名:Fuchsia)・ルーム

今回取材チームの皆さんとご一緒に宿泊させていただいたディングル(Dingle, Co. Kerry)のホテルは、全10室のこじんまりとしたホテル、エムラー・ハウス・ホテル(Emalgh House Hotel)。

emlaghdingle3

お花の取材なので、少しでもそれにちなむホテルに泊まっていただきたい…と思い、お勧めしたのがこのホテル。

各部屋の内装は、ルーム名の花の色に統一。
私のホクシャ・ルームは「赤」を基調にしたお部屋でしたが、その他、ブルーベル・ルームは「青」、ワイルドガーリック・ルームは「緑と白」などなど。

emlaghdingle
天蓋付きベッドのあるホクシャ・ルーム

emlaghdingle2
リビングではいつでもお茶がいただけ、ディングル湾を見晴らすテラスでのんびり

そして…取材チームの皆さんが何よりも感激したのが、ここの朝食。
通常のアイリッシュ・ブレックファーストはもちろんのこと、ベイクド・チーズやパンケーキなど、メニューが豊富。
ホームメイド・スコーンやマフィンはそれこそほっぺたが落ちるほどのおいしさで、食べ切れなかった分をお土産にいただいて帰りました!

emlaghdingle5
とってもおいしかったフレンチ・トースト

お庭に咲く素朴な花々がそこここに活けられており、館内の家具の多くがホンモノのアンティーク。
ディングル半島のワイルドな大自然と共に、さらに優しいもてなしも楽しめる素敵なホテル。
最近の、私のいちばんのお気に入りの宿のひとつです。

emlaghdingle7

Emlagh House Hotel
Dingle, Co.Kerry.
Tel: +353-66-91523345

関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

旅のガイドのご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

秋のケルト市「ナオコガイドのどこでもドア」
2020年10月2~4日 東京・巣鴨にて
各日15時~ダブリンよりオンライン参加!
→詳細・入場予約はこちら

オンラインセミナー開講!
2020年6月20日(土)~
各45分・無料お試し回+全6回
→詳細&お申込みはこちら
(ライブ配信終了、見逃し配信購入可能)

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram  

ブログ内検索

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ