FC2ブログ

記事一覧

花の撮影 ディングル半島

buttercupsdingle0609
ディングル半島の岩場にアレンジされた可憐なキンボウゲの花

今日からいよいよ、お花の撮影が始まりました。
今回の企画は、女性誌が作成する来年度のカレンダーをアイルランドで撮影するというもの。
日本からいらしたプロのフローリストさんに当地に咲く花をアレンジしていただき、旅をしながらひと月ごとのカレンダーを作成するというダイナミックなプロジェクトです。

初日の撮影は、ヨーロッパ最西端の岬スレイ・ヘッド(Slea Head, Dingle Peninsula, Co. Kerry)にて。
この地方に咲き乱れるホクシャの花をアレンジしていただき、海をバックに撮影。
(どんな写真になったかは、カレンダーが出来てからのお楽しみです…!)

fuschiadingle0609
アイルランド語で「神様の涙」というロマンチックな呼び名を持つホクシャの花。もとは中南米の暖かい地方原産ですが、暖流の影響を受けて温暖なアイルランド南部・南西部で大木となって自生しています

光の加減を見ながら、真剣に撮影されるカメラマンさん。
アシスタントになりすましているのは、過去数年にわたりメディア取材の仕事を一緒にしてきたドライバーのキアラン(Ciaran)。

leesleahead1

来年一年、きれいな花に彩られたアイルランドを毎日にご覧いただけると思うと、ワクワクしてきます。
素敵なカレンダーが出来るよう、精一杯、頑張りたいと思います!


関連記事

スポンサーリンク

コメント

アイルランドのお花のカレンダー素敵ですよねえ、一部欲しい!と思ってしまいました。アイルランドにカレンダーはたくさん売ってますけど何か毎年ワンパターンだったり、10年ぐらい前のをそのまま使いまわししている写真もあって、あまり好きじゃないんです。
自分で自己満足用(笑)に作ろうかな・・・。

ヂィングル半島は2回行きましたが、一番好きな所です。
私は10月と11月に滞在していたので
今度は初夏のいい季節に訪れたいです。
どの雑誌なのでしょうか、カレンダーがほしいです。
またその情報があったら教えて下さい。

Uisceさんへ
今回のはプロの手によってアレンジされたお花をアイルランドの景色の中に置く…というものなので、永久保存版のような美しいものになるはずです!お楽しみに。

coco2さんへ
ディングル、私も大好きな場所のひとつです。
カレンダーの情報ですが、発表できるときになったらまたお知らせ致しますね!

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

旅のガイドのご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

秋のケルト市「ナオコガイドのどこでもドア」
2020年10月2~4日 東京・巣鴨にて
各日15時~ダブリンよりオンライン参加!
→詳細・入場予約はこちら

オンラインセミナー開講!
2020年6月20日(土)~
各45分・無料お試し回+全6回
→詳細&お申込みはこちら
(ライブ配信終了、見逃し配信購入可能)

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram  

ブログ内検索

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ