FC2ブログ

迫力満点!ウィックロウの滝の名所

お仲間旅行のグループさんを、ウィックロウ(Co. Wicklow)へご案内しました。
昨夜からまるでヤリが降るかのような激しい雨に見舞われ、朝には小ぶりになったものの、このお天気で楽しんでいただけるかしら…と少々心配。

waterfallwocklow5
グレンダーロック(Glendalough, Co. Wicklow)では傘を差しながらのウォーキング

ところが…自然の中には、雨の日だからこその楽しめるものあるんですよね。
水の豊かなウィックロウには滝の名所が多く、こんな大雨のあとは滝見物に限る!

waterfallwocklow6
こちらはグレンダーロックにあるポウラネスの滝(Poulanass Waterfall)。先日、お天気のいい日に来たときはちょろちょろしか水がなかったですが、今日は遠くからもゴウゴウと濁音が聞こえるほど…

グレンダーロックを離れ、ウィックロウの景勝地・サリーギャップ(Sally Gap, Co. Wicklow)へ。
山の斜面は、どこもかしこも、晴れた日にはない滝だらけ。
そして、このエリアいちばんのグレンマクナスの滝(Glenmacnass Waterfall)の迫力たるや、見事なものでした!

waterfallwocklow2
横からの眺め。普段の何倍もの水量です

waterfallwocklow4
斜め上からの眺め。グレンダーロックのV字渓谷がよく見えます。岩にぶつかって渦を巻く水を眺めていると、吸い込まれてしまいそう…

度迫力の滝を眺めているうちに、次第に空も晴れ上がってきました。
谷間の荒野で小鹿に遭遇(お天気がいいと森に隠れてしまうのですが、うす曇りだったので出てきたのでしょう)しておおはしゃぎしたり、雨上がりの澄んだ空気を楽しんだり。
谷を下りる頃には、ウィックロウを代表する名山シュガーローフもきれいに顔を出してくれて良かった、良かった。

waterfallwocklow3
グレンクリー(Glencree)からエニスケリー(Enniskerry)へ下る道の途中にて

雨の日も、曇りの日も、アイルランドの自然の中には何かしら楽しめることがあるのでした!

関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

★オンライン講座配信!
【新規】 2021年4月24日(土)
→お申込み・詳細はこちら

見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ