FC2ブログ

記事一覧

紅茶大王トーマス・リプトンの先祖の地、クロネスへ

この数日間、紅茶愛好家のグループさんをご案内をさせていただいていました。
アイルランドの紅茶を楽しみ、紅茶にまつわる場所を訪ねて周るお仲間旅行。最終日の今日は、リプトン・ティーで知られるサー・トーマス・リプトン(Sir Thomas Lipton, 1850-1931)の先祖の地クロネス(Clones, Co. Monaghan)へ。

cloneslipton2
クロネスのダイアモンド(町の中心の広場)に建つ聖ティアナック教会。現在の教会堂は19世紀建立。17世紀のオリジナルの教会跡地に建造されました

cloneslipton5
教会のある高台から見晴らすクロネスの町。向こうの丘に見えるのは、クロネスのカトリック教会

サー・トーマス・リプトンとクロネスとの関わりについては、以前から興味を持っており、このブログでも紹介させていただいたことがありました。(過去ブログをご参照ください→リプトン・ティーとアイルランドの意外な関係
今回、奇しくもその関連のお客様をご案内させていただくこととなり、私自身も興味津々。
クロネスに着くと地元のコミュニティー・グループの方が3人も出迎えてくださり、リプトンゆかりの地をご案内くださるとともに、近くのビジターセンターでお茶とソーダブレッドでもてなしてくださいました。

cloneslipton1
聖ティアナック教会にあるリプトンのご先祖の墓所。墓碑がかなり薄れてしまっていましたが、確か1844年と記載されていました

トーマス・リプトンは、1850年、スコットランドのグラスゴーでアイルランド人の両親の元に生まれました。
リプトンの両親は、その数年前にクロネスからグラスゴーへ移民、食料品店を経営していました。子供の頃から両親の店を手伝っていたトーマス少年は、大変なアイデアマンで、将来のビジネスマンとしての大成功を示唆するようなユニークなエピソードが多く残っています。
アイルランド人としてのルーツにも常にこだわりを持ち続けていた・リプトンは、晩年ヨット・レースに傾向するようになってからは、自身のヨットを「シャムロック号」と名づけていたそうです。
(トーマス・リプトンの生涯については、リプトン社のHPに詳しく紹介されています→トーマス・リプトンの生涯

クロネスの町にはリプトンの名を残すショップがあり、もともとはトーマス・リプトンの先祖が所有していた敷地だったとか。

cloneslipton3
クロネスの何でも雑貨・食料店、Liptons。残念ながら紅茶は売られていませんでしたが、店の看板に「So much more for less(より安く、よりたくさんの良いものを)」とのスローガンが書かれているあたり、リプトンの有名なキャッチフレーズ「茶園から直接ティーポットへ」を思わせます

cloneslipton4
カウンティー・モナハンの旗を振る現オーナーのTonyと、クロネスを案内してくれたMary。グループ全員にこの旗をひとつづつお土産にくださり、皆さん大喜び!

オーナーのTonyの話によると、トーマス・リプトンの時代、この店はグラスゴーのリプトン社がアイルランドへ輸出したものをストアしておくデポだったそうです。
食料品店を経営していたリプトンの故郷に「リプトン・ショップ」がちゃんと残されているなんて、そのこと自体がひとつのアイリッシュ・ユーモアのよう。

子孫も財産も残さず、一代限りで花火のように散ったビジネスマン、トーマス・リプトン。
クロネスの皆さんの温かいもてなし、そしてその功績や人柄が、先祖の地で地味だけれども誇りをもって語り継がれていることに、心温まるような気持ちになったのでした。

関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

旅のガイドのご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

オンラインセミナー開講!
6月20日(土)~無料お試し回+全6回
毎週土曜20:00~(各45分)
→詳細&お申込みはこちら
(ライブ配信終了、見逃し配信購入可能)

★岡山市にて講演
2020年10月
→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月
→詳細は追ってお知らせします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram  

ブログ内検索

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ