FC2ブログ

湖畔の廃墟、バリンドゥーン僧院

先日、http://blog-imgs-31.fc2.com/n/a/o/naokoguide/20090408045507d9d.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-31.fc2.com/n/a/o/naokoguide/20090408045507d9ds.jpg" alt="ballindoon3" border="0" /></a>" target="_blank" title="キャロウキール(Carrowkeel, Co. Sligo)へ行く">キャロウキール(Carrowkeel, Co. Sligo)へ行く途中、野にたたずむ廃墟の教会を見つけたので立ち寄ってみました。

ballindoon7
バリンドゥーン小修道院(Ballindoon Priory, Co. Sligo)、1507年建立のドミニコ会の修道院

蔦が絡まる石壁、ケルティック・クロスが乱立する墓地、鮮やかな黄スイゼン…と、なんともフォトジェニックな廃墟。
案内板に書かれていた通り、中へ入ってみると、ゴシック期の見事なアーチが残っていました。

ballindoon8
墓地の黄スイセンはよく似合います

ballindoon9
トリプル・アーチなのですが、2層しか写真におさめることが出来ず残念

このアーチの上階へ行くには外付けの階段から…と書かれていたので、周囲を見てみると、こんな石段を発見。

ballindoon5
教会の外壁にこんな仕組みがあるのは珍しいです

ballindoon6
早速石段に上ってみると、アロウ湖(Louch Arrow)が一望のもとに…。修道僧たちが瞑想生活するには最高の場所

ballindoon2
ちょっと妖精の気分でコンニチハ。石段の最上階から建物内部へ入るところが崩れているので、ちょっとコワイ…

英国の宗教改革以降、この地域のドミニコ会の教会はほとんどが破壊されました。
バリンドゥーン小修道院は幸いにも破壊をまぬがれ、18世紀まで地元の人々に使用され続けていたようです。
教会内部に何か彫刻が残っていないか探してみたのですが、見つかったのはこれだけ。

ballindoon4

外付けの石段からのみアクセルできる、2階部分にありました。トレジャー・ハンティング好きの友人は、これぞ宝のありかを表すサインに違いない…!と、あれこれ意味を解読しようとしていましたが…、私にはビスケットの抜き型に見えました(笑)。

ballindoon3
2階部分より見下ろす眺め。ゴシック・スタイルの窓が美しく残っています

案内板に「Priory」と書かれていたため「小修道院」としましたが、雰囲気としては、これぞ「僧院」と呼びたいところ。中世の僧院でのさまざまな物語が浮かんできそう…。
そんな想像の中から友人がひらめいた推薦図書は、英国人作家ケン・フォレット(Ken Follett)のベストセラー小説‘The Pillars of the Earth(邦題は『大聖堂』)’。
日本語で読みたいと思いAmazonで注文したところ、中3日で届いたので驚きました!
続編も含めて文庫6冊、読書のイースター…となりそうです。

☆行き方…アロウ湖の東岸。ボイル(Boyle, Co. Roscommon)からN4号線をスライゴ(Sligo)方面へ向かい、Lough Keyの方へ右折。湖を右手に見てしばらく走り、その後、Lough Arrowの方へ左折。しばらくすると道路の左側にバレンドゥーンが見えてきます。

関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

★オンライン講座配信!
【新規】 2021年4月24日(土)
→お申込み・詳細はこちら

見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ