FC2ブログ

記事一覧

オバマ大統領とカウエン首相の不思議な共通点

アイルランド国内のみならず、世界各地でお祝いパレードが繰り広げられた昨日のセント・パトリックス・デー。
セント・パトリックス・デーは国外でアイルランドをアピールする絶好のチャンスでもあり、この期間に政治家たちは、アイルランドとつながりの深い国々へと外遊に出かけます。(大統領は国に残ります)

ティーショック(Taoiseach=アイルランド首相)の外遊先は、毎年決まってアメリカ合衆国。
アメリカはアイルランド系人口が4000万人をこえるという、いわば親戚のような国。セント・パトリックス・デーの会見は特別なものであり、ティーショックからアメリカ大統領にシャムロックの鉢を手渡す慣わしとなっています。
今年の会見は、この2人の初顔合わせとして注目が集まりました。

obamacowen
ご存知オバマ米大統領と、先日日本を訪問したばかりのブライアン・カウエン首相。2人ともネクタイは緑色、カウエン首相の胸にはシャムロックが(irishtimes.comより)

こういってはなんですが、見た目にはちょっと『ツインズ』みたいなこの2人。…ですが、2人には意外な共通点があり、もしかしたら不思議な縁で結ばれた真の「ツインズ」なのかも。

まずこの2人、(信じられないかもしれませんが…)同い年なのです。
1961年生まれで、カウエン首相は1月、オバマ大統領は8月がお誕生日。2人とも今年で48歳という若きリーダーです。

そしてもう一つの共通点とは、実はこの2人、同郷出身なのです!
…というのはちょっと言い過ぎで、正しく言い直しますと、オバマ大統領の母方の曽々々祖父(5代前)がアイリッシュで、カウエン首相と同じカウンティー・オファリー(County Offaly)の出身なのです。

大統領の曽々々祖父はフルマウス・カーニー(Fulmouth Kearney)さんと言い、カウンティー・オファリーの小さな村ムニゴル(Moneygall, Co. Offaly)に靴職人の息子として生まれ育ちました。1850年、19歳の年でアメリカへ移民、その5代目が現バラク・オバマ米大統領。
今もムニゴルには、大統領の遠縁のいとこにあたる方がおられます。

一方、カウエン首相は、同カウンティーのクララ(Clare, Co. Offaly)出身。政冶一家の3男に生まれ、ご実家がパブも経営していたため、バーマンの経験も。
昨日のセント・パトリックス・デーのクララで行われたパレードでは、カウエン首相に変装した人が酒瓶を手に登場していました(笑)。

この2つの集落の距離は、直線で結ぶとほんの60キロほど。
アメリカ大統領がアイリッシュ・コネクションを持つケースは過去にも例が多いので、それ自体は特に珍しいことではないものの(今回はブラック・アイリッシュ・アメリカンという点で格別エキサイティングですが)、同時期のアイルランド首相と同じ年生まれ、さらに同郷コネクションがあるというのは偶然にしては出来過ぎたような話で、やはりこの2人の間には特別な赤い糸が横たわっているのでは…という思いを拭い去ることが出来ません。

ちなみにムニゴルには、オバマ大統領のご先祖カーニー家の地所跡地があり、近年まで「カーニーズ・ガーデン(Kearney's Garden)」と呼ばれていたとか。
1エーカーの広さで、現在はカウンティー所有。過去2年間売りに出されていたものの買い手がつかず、そうしているうちにオバマ大統領が就任したため、カウンティーは売却を中止。今や大統領のご先祖の地を記念するヘリテージ・センターの建設を考えているようです。

人口300人程の小さな村ムニゴルに、いつの日かオバマ大統領が訪れる日が来るのでしょうか。
村の人々はさぞかし誇らしく思っていることでしょうね!

コメント

はじめまして

ナオコさん、初めてコメントをさせていただきます。いつも充実した内容で大変ありがたく、興味深く拝見させていただいております。

と、いうのも夫がコーク出身のアイルランド人で、彼の両親は今もダブリンに住んでいます。私と彼は今はアメリカ在住なのですが、今回のオバマ大統領の記事を見て、アイルランドとのつながりを知り、「なるほど~。」と思った次第です。彼はオバマ大統領の大ファンなので、この件を話すときっと喜ぶと思います。

またちょくちょくこちらのブログに遊びにきますね。^^)

カミィさんへ

こちらこそ、いつも読んでくださりありがとうございます。コメントいただき嬉しいです。

私もオバマ大統領のアイリッシュ・コネクションにはとってもエキサイトしてしまい、就任して以来ブログに書こう書こうと思っていて、延び延びになってしまっていました。
ご主人のように、アメリカに住むアイリッシュの皆さんも、とっても誇らしいでしょうね。

こちらこそ、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

おかげさまで重版決定
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

イベントのお知らせ
スケジュールが決まり次第、お知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。
Instagram

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ