FC2ブログ

記事一覧

名パイパーゆかりの地でおいしいランチ

フォーノックス通路墓(Fourknocks Passage Tomb, Co.Meath)へ行った帰り道、最寄りのビレッジ、ノウル(Naul, Co. Dublin)にも立ち寄ってみました。
村のメイン・ストリートには、こ~んな長い茅葺き屋根の家が。

naulcafe

ここは村のカルチャー・センターで、カフェとの看板も。ちょうどお昼時でお腹がすいていたので、ここでランチをとることにしました。
ティーとスコーンくらいしかないであろう…なんて思っていたのですが、予想に反して温かいお食事もちゃんとあって感激。そしてこれまた、とってもおいしかったのです…!

naulcafe2
チキンのグリル。ペッパーソースが美味で、どさりしたマッシュポテトも絶品。温野菜もたっぷりついてきて、これぞアイルランドの家庭のお味…!

友人の食べたサーモンのグリルもこれまたおいしくて、きっとこれならデザートもおいしいはず…と思ったのですが、もうお腹がいっぱいで食べられませんでした。(笑)

naulcafe1
とっても居心地のいいカフェ。暖炉の中には昔懐かしいタイプのストーブがあり、ブルーウィローの古いお皿がたくさん飾られていました

こんな引っ込んだ田舎の村ながら、カフェはご近所さんらしき人々、ご家族連れ…などで結構にぎやか。地元の人には、ポピュラーなカフェのようでした。

この茅葺き屋根のカルチャー・センターは、地元出身の名パイパー、シェーマス・エニス(Séamus Ennis, 1919-1982)さんを記念したもの。いわば地元の伝統音楽&文化継承のための施設で、建物の右半分はカフェですが、左半分はイベント・ホール。
週末には伝統音楽のセッションはもちろんのこと、クラフト、フラワーアレンジメントなどのワークショップ、映画上映会などが頻繁に行われているようです。

シェーマス・エニス・カルチャー・センター(The Séamus Ennis Culture Centre
Naul, Fingal, Co. Dublin.
Tel: 01-841-9005

seamusennis
この方がシェーマス・エニスさん。「イーリアン・パイプの神様」と呼ばれた伝説のパイパーで、伝統音楽や昔話の収集家でもありました。ここノウルで晩年を過ごしたそうです(エニスさんの演奏はYouToubeで聴けます→こちら

ダブリンから車で30分~小1時間ほど、機会があれば今度は週末のセッションにも来てみたいものです。

naulcafe3
カフェの営業時間は、日~水 10:00-17:00/木~土 10:00-22:00。イベントに参加する人で、ここでメインコースを注文する人は、グラス・ワインのサービスがあるそうです!


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

おかげさまで重版決定
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

イベントのお知らせ
スケジュールが決まり次第、お知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。
Instagram

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ