fc2ブログ

アークロウの古い灯台船

アークロウ(Arklow, Co. Wicklow)へボートを見に行く友人に付き合って、一緒に出かけてきました。

アヴォカ川(Avoca River)の河口に開けた港には、漁船らしきボートがいっぱい。その中に、変わった形の巨大な船を発見。

floatinglighthouse

お役目ご免となったLightship、すなわち灯台船です!
灯台船というものがあることは知っていたものの、近くでこうしてよくよく見るのは初めてのことでした。

船に詳しい友人の話によると、灯台船は水深が深すぎて灯台を建設できないところで使用され、エンジンは持たず、錨で固定されて浮いているだけ。
海上に浮かぶこの船に、かつては灯台守が住んでいたそうです。

海に浮かぶ灯台なんて、なんだかとってもロマンチックなイメージ。
思わず、私も灯台守になりたい~などと口走ってしまったのですが、海が荒れるとぐらぐら揺れて、海上で逃げ場もなく、誰もやりたくないような仕事だよ~と友人に言われ、思っただけで気分が悪くなりそうに…。
そういえば、私は船に弱いのでした…(笑)。

のちほど調べてみたところ、これはスキューア号(Skua=「トウゾクカモメ」という野鳥の名)と素敵な名前の船で、2004年に44年間にわたる灯台の役割を終えたとのこと。(HP参照
引退後、ここアークロウにて余生を送っているスキューア号は、第2の人生を求めて、買い手を待っているところ。(もしかしたら、すでに買い手がついているのかもしれません)

ちょっぴり幽霊船のようなレトロな姿は、やはりロマンを感じさせるものがありますよね。
ここで働いた人々、見てきた船や海のこと、起こった事件などなど…数々の無言のストーリーをひしひしと感じたのでした。

関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

福岡市にて講演!
2022年4月24日(日)14:00~

★『赤毛のアン』に見るケルト
→終了、ありがとうございました!

東京「春のケルト市」にて講演!
2022年5月3日(火祝)11:00~

★牛とジャガイモと移民の歴史
→終了、ありがとうございました!

オンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら
新規講座! →詳細決まり次第お知らせいたします!

カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ