FC2ブログ

記事一覧

裏路地の高級レストラン(ドビンズ)

dobbins5
シーサイドタウンであるダブリンらしい、ムール貝のユニークなディッシュ

ダブリンに戻ってきて1週間、そろそろおいしいものを食べに出かけたくなり、ほぼ発作的にグルメ・ランチの会を決行。
以前から気になっていたダブリンの老舗レストラン、Dobbinsでお食事してきました。

dobbins4
シティセンターにありながら、静かな裏路地にある隠れ家のようなレストラン

大物政治家や財界人御用達…といった落ち着いた雰囲気が漂う店内は、夜のディナーは保護者同伴でないとちょっと…といった感じですが(笑)、ランチやアーリー・バードなら大丈夫。
高級レストランでありながら、3コース・ランチが25ユーロというのも魅力です。

メニューは斬新過ぎず、どれも安心していただけるようなトラディッショナルなものを主流としたモダン・アイリッシュ。
今どきのレストランにありがちな濃すぎる味付けもなく、どのディッシュも品のいいお味。
以下、私たちがペロリといただいてしまった3コースのハイライトです。

dobbins1
前菜のシーフード・ソーセージ。中はふんわり、お上品なクリーム・コロッケのよう

dobbins2
こちらはRさんのメイン・ディッシュのラム肉

dobbins6
私のメインはポーク・ベリー。脂身ゼロ、ジューシーでおいしい~

dobbins3
デザートは、Dobbins一押しのスティッキー・タフィー・プティング。涙モノのおいしさ…

dobbins7
Eさんのティラミスも可愛くっておいしそう

Dobbinsの客層や雰囲気、フレンドリーかつプロフェッショナルなスタッフのサービスは、ダブリンの人気作家メイヴ・ビンチー(Meave Binchy)の小説にしばしば登場する、密会をする高級レストラン(ビジネス界の大物や、不倫カップルなどが出入りするのですが、レストランのスタッフはお客さんの秘密を絶対に外へもらさないのです!)を思わせました。
もしかしたら、このレストランがモデルなのでは?…なんて思ったりしたのですが、どうなんでしょうね。

※Merrion Squareの北面からMount Street Lowerを運河(Grand Canal)へ向かって進み、ナイトクラブのHowl at the Moonの角を右へ。レストランは、2つ目の路地を左へ曲がって、すぐ右側。

Dobbins Restaurant
15 Stephens Lane, Dublin2.
Tel: 01-661-9536/01-676-4679/01-676-4670

コメント

お・い・し・そ~!!
私がダブリンに行ったあかつきには是非連れて行って下さい。
ランチ♪

あそこもここも、Pearlさんをご案内したいところ、いっぱいよ~。
早く遊びに来て下さいね♪

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

イベントのお知らせ
出張ケルト市 in ねりま
2018年12月2日(日)13:00~17:00
練馬文化センター(入場無料)
14:00~サイン会します♪
→ご来場ありがとうございました!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。
Instagram

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ