fc2ブログ

ダブリンの学校訪問

通訳の仕事で、小・中学校の教職員のグループさんを、ダブリン市内のいくつかの学校へご案内しました。

schoolvisit1108
シティーセンター近くにある生徒数105人の小さな小学校にて

ここは古くからの下町にある小学校で、生徒の多くは、社会的アドバンテージの低い環境にある子供たち。(親の所得が低い、片親である、地域にドラッグ・アルコールなどの問題が多い…など)
早くに学校をやめてしまったり、来なくなってしまう子供たちも多いそう。
そんな中、学校を楽しく明るい場所にしよう、外の世界で困難なことがあっても、学校では楽しく過ごせるように…と先生方が熱心に指導されているのが印象的でした。

アイルランドでは先月、経済不況がオフィシャルに宣言されました。
そんな中で発表された来年度予算では、教育費削減のため、2009年9月より教職員の数を減らすことに。それを受け、アイルランド全土から教職関係者が国会議事堂前に集い、大掛かりな抗議デモが繰り広げられました。
訪問したある中・高等学校の校長先生に、この辺りの事情を詳しく伺ったところ、現在、生徒19人に1人の割合で教員雇用が行われているのが、来年度より18人に1人になるとのこと。
ここの学校では4人の先生が減らされることになり、このままでは必須科目の先生が足りなくなり、そうなったら必然的に学校を閉鎖せざるを得ない状況になるとか…。

これまで教職員の待遇が良いことで知られていたアイルランドですが、今回の経済不況により、この部分がピックアップされ始めたようです。
子供たちの学校生活に、大きな影響が出ないことを願うばかりです。

関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、アイススケート、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

新規オンライン講座!
文学ゆかりの地で歩くアイルランド
2023年2月4日(土)16:30~
2023年3月4日(土)16:30~
2023年4月1日(土)16:30~

→詳細&お申込みはこちら

過去のオンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら

カレンダー

01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ