FC2ブログ

デリーの虹と、和解の銅像

今回のスコットランドへの和解の旅の参加者、ファシリティターのうち4名はデリー出身者。
彼らの取材のため、私たち取材班は、旅の前後に何度もデリーへ足を運びました。

derrynhkbs2
デリーへ行くといつも虹が…。よく見ると、ダブル・レインボーです!(城壁からボグサイドを見晴らす)

カトリック、プロテスタントの人口比がほぼ同数のベルファーストに比べて、デリーは70パーセント以上がカトリック。
ここでの紛争はベルファーストとはまた様子が異なり、主に、リパブリカン(カトリック)と英国軍との戦争でした。
今はすっかり活気ある街となったデリーですが、思えば私が初めて訪れた10年程前には、まだ英国軍の装甲車が走っていたものでした。

derrynhkbs1
'Hands Across the Divide'(Carlisle Road, Derry City)…分断を超えて手をつなぎ合おうとする「和解」とテーマとしたモニュメント。デリー出身の彫刻家によるもの。

デリーはアイルランド唯一の城塞都市。今回、何度も訪れるうちに、以前にも増して街の美しさ、人の温かさに胸を打たれました。
今回の旅にはデリーから元IRA兵士だった男性が2名参加していたのですが、2人とも素晴らしい人間性の持ち主。彼らの壮絶な過去の話、紛争時代の辛い経験を聞いたあと、あらためてデリーの街を見晴らすと、それは胸が痛いほど美しく、彼らの家族やコミュニティーへの想いがひしひしと伝わってくるのでした。
人は彼らを殺人者と呼ぶかもしれませんが、私には、愛する人を守ろうとする真の戦士に見えました。
(ちなみにお2人とも実刑を受けて服役、その後改心して和平の活動に携わっておられます)

今回の取材でデリーを訪れるのは、今日が最後。
ベルファーストへの帰り道は、今はタクシー運転手である元IRA兵士Cさんが送ってくれ、楽しく帰って来ました。
彼らを訪ねて、またデリーへ行きたいなと思います。

※デリーに関する過去ブログ:「私の愛する街」デリー

関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

★オンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ