FC2ブログ

グレンクリー・センター

今回のTVロケは、北アイルランド問題をテーマにしたもの。
昨年、政治的には和解した北アイルランドですが、紛争で犠牲になった人々の心の問題というのは未だ解決されていません。

そういった人々の心のケアを通して、和平維持に取り組む団体というのがアイルランドにはいくつかあり、そのうちのひとつ、グレンクリー・センターが今回の番組作りに協力してくださっています。
今日はTVクルーの皆さんと、打ち合わせやインタビューにグレンクリーを訪問しました。

glencree3
グレンクリー・センター(Glencree Centre, Co.Wicklow)。建物はかつての英国軍隊のバラック

glencree4
センターは静かな谷間にあり、近くからはウィックロウの景勝地、シュガーローフ山が見晴らせます

ここにはカフェがあり、一般開放されているので、特にグレンクリーに用事がなくとも、訪れてひと休みすることが出来ます。
私も、今回の仕事でグレンクリーに関わる以前にも、観光途中に休憩を兼ねて立ち寄ったことがありました。

glencree2

glencree1
メインの建物に隣接するThe Armoury Cafe。カーヴァリー式のお食事はなかなかおいしくて、お土産も売っています

カフェ内にはグレンクリーの歴史など展示もあり。
空気も良く、景観も良く、グレンクリーの活動を知りたい人はもちろんのこと、ウィックロウ観光の途中にちょっとひと休みするのにもお薦めの場所です。

Glencree Centre for Peace and Reconciliation
Glencree, Enniskerry, Co. Wicklow.
Tel: +353-1-282-9711
※Enniskerryより約10キロ。町から標識あり



関連記事

コメント

Uisce

私たち外国人からは計り知れないほどふかーい傷やしこりが、まだまだ北アイルランドには残っているのだなあ、と在住時に思っていました。公式に和平条約を結んだと言っても、個人個人がそれを受け入れるかは別問題ですものね。元テロリストだったという牧師さんに出会ってお話したり、私自身も爆弾騒ぎに巻き込まれたり、と色々な経験をしていった北アイルランド生活で、「ここでは、まだまだ真の意味での平和が遠くなんだなあ」と思っていました。でも直子さん書かれているように、実直な国民性は慣れれば付き合いやすいですよね。アイリッシュだと表はにこにこしてても、蔭で何言われてるか分からない時ありますから(苦笑)。日本人と似てるかも・・・

naokoguide

Uisceさんへ
そうなんです、和平はわくまでも政治的なものであって、それが一般市民にうまく機能しているかどうかは、まだまだ別問題なのです。
そう、まさに実直という言葉がふさわしいように思います、ここの人々には。みなさん本当に取材に協力的で、和平に向けて前向きな姿勢の人が多いことにも励まされています。
非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

★オンライン講座配信!
【新規講座】 →詳細決まり次第お知らせいたします!

見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ