FC2ブログ

野生のストロベリーツリーに出会う

以前にもブログで紹介させていただいた、カウンティー・ケリー(Co, Kerry)のストロベリーツリー(Strawberry Tree=イチゴノキ)。
先週、グループさんとご一緒にキラーニー国立公園(Killarney N.P.)をウォーキングしていた時に、野生のストロベリーツリーの巨木に出会いました!

kerry09084

kerry09083
花と実が一緒につくイチゴノキ。写真は同じ木、見あげるほどの巨木でした。木全体の写真を撮っておかなかったことが悔やまれます…。実は熟すと、イチゴのように赤くなります(マクロス湖付近にて)

キラーニーのマクロス湖(Mucross Lake, Killarney)付近に多いこの木。
いつも目にするのはガーデンに植えられたものか、もしくはボートで湖上からなので、こんなに間近で自生しているものを見るのは初めてだったかも。

この時ご一緒していたお客様の中に、イチゴノキを知っている方がいらしたのが嬉しかったです。
なんでもギリシャ旅行の際に初めて見て、日本で購入されたのだとか。お持ちの木は、日本発上陸のものかもしれない、とのことでした。
日本でも、この可愛らしいネーミングのエキゾチックな木に、魅力を感じる方が多くなってきたのかもしれません。

以前のブログにも書きましたが、私のドリームハウスでは、春はホンモノのストロベリー、冬にはこのストロベリーツリーが可愛らしい実をたくさんつけてくれる予定です!

関連記事

コメント

Uisce

イチゴノキ、まだお目にかかったことありませーん。一回見てみたいです。写真とか見た感じは、何だかヤマモモの実を大きくしたみたいな雰囲気ですね。北米とかポルトガル発祥の植物らしいのですが、寒いアイルランドで育ってるのが不思議(笑)。そういえば、ポルトガル人の友人は、これでお酒を作るって言ってましたよ。実そのものが甘くてアルコールみたい(?)な味だからだそうです。

naokoguide

Uisceさん
へえ~、やはり実は甘いんですね。ぜひ一度、食してみたいものです!イチゴノキのお酒なんて、なんだか素敵ですね。

アンドー

買いました。本当に実と花が同時ですね。私のは、低木種なので庭を占領される心配はなさそうです。花がどうだんつつじやあせびに似ていると思ったら、つつじ科でした。直子さんのおかげで、楽しみがまた増えました。

naokoguide

アンドーさん
さすが、アンドーさん!
実がなったらぜひぜひ食べてみて、感想おきかせくださいな~。
非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

★オンライン講座配信!
【新規】 2021年4月24日(土)
→お申込み・詳細はこちら

見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ