FC2ブログ

英国の旅〜湖水地方、ハワース、ロンドン

約1週間の英国旅行のご案内を終え、ダブリンに戻りました。

lakedistrict2
ピーターラビットの作者ビアトリクス・ポターゆかりの地、湖水地方のニアソーリー村にて

湖水地方でワーズワースやビアトリクス・ポターゆかりの地を訪ね、ブロンテ姉妹の暮らしたハワースで荒野を歩き、最後はロンドン見物。
自然の中をウォーキングしたり、小さな街を散策したり、ミュージカルを見たり…懇意のお客様と和気あいあいの楽しい旅でした。
私自身もひさしぶりの英国を満喫させていただき、ご案内の機会を作ってくださったお客様に心から感謝しています。

lakedistrict4
湖水地方では、ビアトリクス・ポターのヒルトップ農場に隣接するカントリーハウス・ホテルに宿泊しました

england1
お食事もとってもおいしかった…なぜか夢のようにおいしかったプリン!

england2
ヒースが満開!ハワースの荒野を歩き、『嵐が丘』の世界を満喫

england4
寝転がって空を見たら、円形の虹が出ていました

england3
お決まりで見に行ったロンドンの衛兵交代。思いがけず堪能してしまった…!

英国は、アイルランドと似ているようで違う国。
英国を通してさまざまな点からアイルランドについて考えることも多く、特に環境保護についてはさまざまなことを感じました。

現在、英国一の地主であるナショナル・トラストは、今から100年以上も前に造られた組織。
メンバーシップと寄付、ボランティア活動により成り立つナショナル・トラストですが、湖水地方にはナショナル・トラスト所有の土地が多く、そのおかげで美しい景観や環境が保たれています。
しかしこれを徹底できるのも、19世紀という早い時代に産業革命を経験した英国だからこそ。
現在、開発と環境保護が同時進行しているアイルランドでは、この2つの兼ね合いがとっても難しいのです。
ヘリテージ・タウンであってもモダンなショップフロントがあったり、新しい道路建設と史跡保存のどちらを優先するかで衝突したり…。

それでも、湖水地方の非の打ち所のないような景観の中で、ごちゃごちゃちまちましたアイルランドを懐かしく思うこともしばしば。
開発してみたり、やっぱり違ったと取りやめてみたり、なんだか徹底しきれないアイルランドの景観が、ある意味人間臭くて落ち着くんですよね。

ブロンテ姉妹ゆかりのハワースで見た一面ヒースの花咲く荒野が素晴らしかったので、そのことはまた別の機会に書かせていただこうと思っています。

lakedistrict3
ジェレミー・フィッシャーの舞台となった湖水地方のエスウェイト湖畔にて。絵本の中の動物たちが今にも出てきそうな景色がいっぱいでした


関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

オンラインセミナー開講!
2020年12月19日(土)
20時~・75分間・見逃し配信あり
詳細・お申込み→こちら

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ