fc2ブログ

夏のバレンに咲く花々

夏のバレン(Burren, Co.Clare)は、まるで自然の花畑そのもの。

burrenflowers07084
ブラディー・クレーンズビル(Bloody Cranesbill)=“鶴のクチバシ草

burrenflowers07083
ヘアベル(Harebell)=“野ウサギの鐘”

burrenflowers07082
シーピンク(Sea Pink)=和名は「ハマカンザシ」

小さな可憐な花々が、岩の割れ目から顔を出しています。
石灰岩の岩が露出した、一見不毛の地であるバレンですが、実は植物観測の地として有名。
今から1万年前、氷河の移動によって運ばれてきた他地域の植物の種が、岩の割れ目をシェルターとして生き延び、独特の植物体系をつくりあげたためです。

可憐な花々を見つけながら、お客様とご一緒に、石灰岩の岩場をしばし散策。
大西洋から吹く風が、なんとも気持ちよかったです。

burrenflowers07081
リスドゥンバルナ(Lisdoonvarna)からブラックヘッド(Black Head)へ向かうコーストロード上にて

※過去の関連ブログ:バレンの3つのシーニック・ルートバレンの鍾乳洞、エルウィー・ケイヴ

関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

福岡市にて講演!
2022年4月24日(日)14:00~

★『赤毛のアン』に見るケルト
→終了、ありがとうございました!

東京「春のケルト市」にて講演!
2022年5月3日(火祝)11:00~

★牛とジャガイモと移民の歴史
→終了、ありがとうございました!

オンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら
新規講座! →詳細決まり次第お知らせいたします!

カレンダー

09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ