FC2ブログ

記事一覧

ディラン・トーマスとアイルランド

公開されて間もない映画、『ジ・エッジ・オブ・ラブ(The Edge of Love)』を観てきました。

ウェールズのカリスマ的詩人ディラン・トーマス(Dylan Thomas, 1914-1953)と、その妻、元恋人、その夫…という複雑な人間関係の4人をめぐる、第2次大戦中の実話を元にしたストーリー。
ディラン・トーマスを演じるのは、Matthew Rhysというウェールズ人の俳優さん。この人、ホンモノのディラン・トーマスに、似てなくもない感じです。
そしてその他の3人が、キーラ・ナイトリー、シエナ・ミラー、コーク出身のアイルランド人俳優キリアン・マーフィーという超豪華な顔ぶれ!

theedgeoflove
公式HPはこちら

ディラン・トーマスは、アイルランドにも何かとゆかりのある詩人です。
今回シエナ・ミラーが演じた、ディランの奔放な妻カトリン・マクナマラ(Caitlin MacNamara, 1913-1994)はアイルランド人で、映画の中でも、ディランが自分の妻を「アイルランドの女王」と茶化して紹介するシーンがありました。

カトリンはロンドン生まれ、ロンドン育ちではありますが、父親がカウンティー・クレアのエニシュタイモン(Ennistymon, Co. Clare)の地主だったので、エニシュタイモンやドゥーリン(Doolin, Co. Clare)で子供時代を過ごしたことがありました。
エニシュタイモンにあるマクナマラ家の屋敷は、現フォールズ・ホテル(Falls Hotel)。
有名なモハーの断崖にも近いこの屋敷は、カトリンの父の時代にホテルとして営業を始め、ディランと結婚する前のカトリンは、このホテルでウェイトレスをしていたこともあったそうです。

theedgeoflove2
映画の中のディランとカトリン。ホンモノの2人に雰囲気そっくり。こちらの写真を見てみてください

ディラン・トーマスのもう一つのアイリッシュ・コネクションは、結婚前の若き日を、ドネゴールで過ごしたことがあったということ。
1935年の数ヶ月、20歳のディラン・トーマスは、南ドネゴールの人里はなれた小さなコテージで、半修業的に詩作にふけっていました。
数年前、あるきっかけでそのことをいろいろを調べたことがあり、それ以来、ディラン・トーマスという詩人になんとなく愛着を持つようになっていたので、今回の映画が彼がらみの作品と知り、即刻、観に行ってしまったのでした。

こういう激しい人たちが生きていた、苦しくて、でもロマンチックな時代の話。ウェールズのひなびた景色もよく、私にはとても好みの作品でした。
ディラン・トーマスの詩や作品も、これを機会にちゃんと読んでみたいものです。

※英国・アイルランド以外の海外での公開は、まだ未定のようです。

※追記(2013年9月):同映画は、邦題『ザ・エッジ・オブ・ウォー 戦火の愛』として日本盤DVDが出ています。

関連記事

スポンサーリンク

コメント

見たい!!

面白そうですね。
今度チェックしてみます。
キリアン・マーフィーとは!!また渋いキャスティング。
最近全然面白い映画を見ていないねって主人と話していたところなんです。だから、何か面白いのがあればまたこうやって教えてください♪

yukaさんへ

日本でも公開されるといいですね。
私は、映像がきれいで、じ~んときたり、泣けたり、考えさせられたりする重た目の映画が好きなので、これはとっても好みでした。
キーラ&シエナのお洋服も、とっても可愛かったです!

ディラン・トーマスの詩

彼の詩は難解ですね。"Altarwise by owl-light"という詩の翻訳がどこかにあるか。ご存知でしたら教えてください。

山田さま

私もまだまだ勉強中で翻訳までもいけてないのですが、もしも見つけたらお知らせしますね。
これからもよろしくお願いいたします。

今、こちらで公開になってます。
今日観てきました。
泣いちゃいました・・・
ディラン・トーマスってのはずいぶんひどい男だな~なんて思いましたし、キリアン・マーフィーの好演に惹き付けられました。
シエナ・ミラーはあまり好きな女優さんではありませんでしたが、この映画での彼女は光ってましたね。
インテリアといい、ファッションといい、レトロな感じもよかったです。
好みでした!

Re: タイトルなし

この映画、イマイチ…という感想の人が多かったようなのですが、私もとっても好みでした!
そう、シエナ・ミラー、よかったですよね。ファッションも。

ザ・エッジ・オブ・ウォー 戦火の愛

ディラン・トーマスを調べていてこちらに辿りつきました。映画『ノーマ・レイ』の中で彼の詩が紹介されていたのが、彼に興味を持ったきっかけです。こんな映画があったんですね。全く知りませんでした。DVDも発売されたようですね。『ザ・エッジ・オブ・ウォー 戦火の愛』是非観てみたいと思います。ご紹介に感謝です。

Re: ザ・エッジ・オブ・ウォー 戦火の愛

ずい分、古い日記にコメントくださりありがとうございます。日本でDVDが発売になっていたんですね。「ノーマ・レイ」も見てみたいと思います。
ちなみに1935年にディラン・トーマスがドネゴールで過ごした時のことにご興味があれば、こちらを見てみてください。映像クリップでは私の友人がディラン・トーマスを演じているのですが、ドネゴールの美しい景色もご覧いただけます♪
http://www.dylanthomasdonegal.com/

Re: ザ・エッジ・オブ・ウォー 戦火の愛

naokoguideさん、お返事有り難うございます。
ご紹介の映像クリップもじっくりと観させていただきます。

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

旅のガイドのご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

秋のケルト市「ナオコガイドのどこでもドア」
2020年10月2~4日 東京・巣鴨にて
各日15時~ダブリンよりオンライン参加!
→詳細・入場予約はこちら

オンラインセミナー開講!
2020年6月20日(土)~
各45分・無料お試し回+全6回
→詳細&お申込みはこちら
(ライブ配信終了、見逃し配信購入可能)

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram  

ブログ内検索

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ