FC2ブログ

記事一覧

緑の中のメルヘンの館(リスドナ・ハウス)

今回の取材でお世話になっているのは、リスドナ・ハウス(Lisdonagh House)という全9室のこじんまりとしたマナーハウス。

ゴールウェイ・シティーより車で20~30分、メインの道路からそれて森を抜けると小さな湖が現れます。そのほとりに、まるでおとぎの国のお屋敷のようなたたずまいで忽然と姿を現すのが、18世紀の領主の館リスドナ・ハウスです。

lisdonagh19

実はこちらのお宿は、6年前、母と姉が訪ねてきてくれた時に一緒に泊まった場所。
メルヘンチックなたたずまいも、オーナー夫妻のつかず離れずの気さくなおもてなしも、6年前のままでした。

lisdonagh11
楕円形の玄関ホール

lisdonagh23
お部屋にはそれぞれ、アイルランド出身の文学者の名前が付けられています

lisdonagh22
お部屋の窓から見えるものは、まぶしいほどの緑だけ…!

lisdonagh2
階段の手すりは、典型的なジョージ王朝スタイル

lisdonagh18
ハウスの周りの森の中。全身が緑色にそまってしまいそう~

リスドナのオーナー夫妻は、夏はアイルランドで、冬は南アメリカで過ごすという、リッチなライフスタイルを送っておられる方々。
結婚当初は、ご主人は会計士として、奥様は弁護士としてロンドンにお住まいだったそうです。ある時、ゴールウェイにホリデーにやって来て、たまたま売りに出されていたリスドナを見て一目ぼれ。
そろそろ故郷のアイルランドに戻って来たいと思っていた矢先だったので、即購入し、数年間かかってホテルに改装したそうです。

オーナー夫人のFinolaはお料理にも造詣が深く、彼女がスーパーバイズして、南アフリカ人のシェフが作るここのお食事は、シンプルでおしゃれでとってもおいしい。

lisdonagh7
前菜のスモークサーモンとトマト&チーズのサラダ

lisdonagh8
野菜のクリームスープ

lisdonagh9
メインはやっぱりコネマラ・ラム!周りがカリカリで中はピンク

lisdonagh10
デザートのレモンタルト

ギンガムチェックのテーブルクロスでいただくブレックファーストも、朝から幸せな気分にしてくれます。

lisdonagh14

lisdonagh13
出来立てのスコーンとマフィンが、これまたおいしい~

緑の中のメルヘンの館で、すっかりくつろがせていただいています…!

Lisdonagh House
Catherlistrane, Near Headford, Co. Galway.
Tel: +353 93 31163

lisdonagh5
ハウスのどの窓からも緑一色なのが印象的

関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

旅のガイドのご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

秋のケルト市「ナオコガイドのどこでもドア」
2020年10月2~4日 東京・巣鴨にて
各日15時~ダブリンよりオンライン参加!
→詳細・入場予約はこちら

オンラインセミナー開講!
2020年6月20日(土)~
各45分・無料お試し回+全6回
→詳細&お申込みはこちら
(ライブ配信終了、見逃し配信購入可能)

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram  

ブログ内検索

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ