FC2ブログ

記事一覧

子供服は消費税なし!

アイルランドの消費税は「付加価値税(VAT)」という呼び名で、税率は21パーセントです。

日本からのお客様にこのことをお話しすると、驚かれる方が多いのですが、ヨーロッパでは20パーセント前後の消費税率は珍しいことではありません。
例えば英国は17.5パーセント、ドイツは19パーセント、フランスは19.6パーセント。北欧諸国ではもっと高く、スウェーデン、ノルウェー、デンマークが25パーセント、フィンランドが22パーセントです。

ただ、どの品目にも一律に消費税を課す日本のシステムとは異なり、特定の品目に限って税率を低くしている他、英国やアイルランドでは、品物によっては無税なものもあるのです。

今日ジムで履く運動靴を買いに、大型ショッピング・センターのスポーツ用品売り場へ行った時のこと。
ちゃんとしたランニング用の靴って、結構、値段が高いんですよね。安売りしているものは合うサイズがなかなかないし…。
困っていると、親切な売り場の人がやって来て、「そうだ、子供用品の売り場へ行こう!子供用の靴は5半(24.5センチ)まであるし、なんせ税金が入っていなくて安いからね」と連れて行ってくれて、そっくり同じ靴を、大人用の半値ほどで購入してしまいました。

shoes
安く買えた新しいランニング・シューズ。連れて行ってくれた売り場のおじさん、どうもありがとう~

そう、アイルランドでは子供服は無税なのです。
普段は、もうちょっと大きかったらあの服が合うのになあ…などと思うことが多いのですが、この時ばかりは、子供並み(?)でよかったな~と思ったのでした。(というより、こちらの子供サイズに大きなものがあってよかった~と言うべきかも。笑)

その他、アイルランドで消費税が無税なものには、以下のようなものがあります。

食料品(アイスクリーム、お菓子類などは除く)
内用薬
本(新聞・雑誌などは除く)
家畜用飼料
農業用肥料
食物の元になる種や苗木

肉やじゃがいも、小麦など、日々の暮らしに最低限必要なものには、消費税はなし、というわけです。
つまり、「人が生きて育つのに最低限必要なもの」には課税されないわけですが、そこに「本」を含めているところが、芸術家に所得税が課されないのと同様に、教育・芸術の国アイルランドらしいところですね。

関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

旅のガイドのご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

オンラインセミナー開講!
6月20日(土)~無料お試し回+全6回
毎週土曜20:00~(各45分)
→詳細&お申込みはこちら
(ライブ配信終了、見逃し配信購入可能)

★岡山市にて講演
2020年10月
→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月
→詳細は追ってお知らせします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram  

ブログ内検索

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ