FC2ブログ

記事一覧

セント・アンズ・パーク散策

stannespark5
アイルランドの春はスイセンの花がいっぱい

近頃、めざましい勢いで都市化が進みつつあるダブリン・シティーですが、それでも市の面積の50パーセントが緑地なのだそうです。
そのうち半分が一般住宅の庭、残り半分が公共の公園や緑地。首都ダブリンにいても、緑に触れるチャンスは十分にあるのです。

先日、ダブリンのノース・サイドにあるセント・アンズ・パーク(St. Anne's Park, off Clontarf Road, Raheny, Dublin 5)へ立ち寄ってみました。
ダブリン市内の多くの公園がそうであるように、ここもかつてはギネス一族の私有地だった場所。1936年に広大な土地の一部がダブリン市に売却され、パブリック・パークとして市民に開放されたものです。

stannespark7
広々と広がる緑…!

stannespark14
リスちゃんたちがいっぱい!あちらこちらを走りまわっています

112ヘクタールというかなりの広さのこの公園。フェニックス・パークを除けばダブリン市内でいちばん広いパブリック・パークであり、奥の方にはスポーツ・グランドやテニス・コート、ゴルフ場なども。
池があったり、森があったり…と変化に富んでいて、楽しい散策の出来る公園です。

stannespark1

stannespark15
池には水鳥たちがいっぱい

stannespark8
ギネス家の所有地だった場所にしばしば見られる時計塔。裏にはウォール・ガーデンがあります

stannespark10

stannespark11

stannespark9
森の中に入ると、下生えの可愛らしい花々がたくさん顔を出していました

ここのバラ園は有名で、6~9月のバラの季節には多くの人が見学にやってきます。
この日は、犬の散歩をしているご近所の人や、家族で散歩する人など、みな和やかに春の日を楽しんでいました。

ドリーマウント・ビーチのすぐ近くなので、そこと一緒に訪れてみても楽しいかもしれませんね。

関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

旅のガイドのご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

秋のケルト市「ナオコガイドのどこでもドア」
2020年10月2~4日 東京・巣鴨にて
各日15時~ダブリンよりオンライン参加!
→詳細・入場予約はこちら

オンラインセミナー開講!
2020年6月20日(土)~
各45分・無料お試し回+全6回
→詳細&お申込みはこちら
(ライブ配信終了、見逃し配信購入可能)

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram  

ブログ内検索

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ