FC2ブログ

記事一覧

下町のメカニック

ドライビング・テストの順番が来ないまま、昨年秋より2度目の仮免期間に突入。アイルランドでは、この期間は一人で路上を運転してもいいことになっているので、数ヶ月前より本格的に運転をしています。
(ちなみにこの決まりは、今年6月いっぱいまで。過去のドラビング・テストに関する私のヒストリーはこちらです。ちなみに11月に予定されていたテストも施行されませんでした…涙)

乗り始めてから最初の数週間は、運転するたびにかすったりぶつけたり。気がつくと、すっかり貫禄がついてしまった私の車。
当初は、車なんて動けばいいのよ!と傷やヘコミなどの外傷は全く気にならなかったのですが、運転に慣れてくるにつれ我が車への愛情がわいてきて、せめて大きな傷だけでも修理しようという気持ちになってきました。

いちばん大きな外傷は、左ミラーと左フロント・ドア。
前者は、細いトンネルのようなところで壁にミラーがぶつかり、ミラー周りのカバーが吹っ飛んでいってしまった。
後者は、地下駐車場の柱に左横腹をガリガリとこすり、傷だらけに。(笑)

車を持つなんて初めてだから、もちろん修理などしたことがあるわけがなく、どこへ持って行ったらよいやら。電話帳で探したり人に聞いたりして、やっとたどり着いたのは、アンソニーという下町の人のいいメカニックでした。
彼が一人で切り盛りしている小さなガレージは、細い路地裏の鉄橋下のアーチの中。そんなところから、ちょっと耳の尖った彼がニコニコして出てきたので、初めて行った時は本当に驚いた(笑)。

先日ミラーを付け替えてもらい、今日はいよいよ、ドアの交換でした。
新品は高いので中古のドアを探してもらったのですが、私の車はブラック、彼が見つけたドアはグリーン。
アイルランドに来た当初、ドアやバンパーだけ色違いの車がよく走っていたので、私の車もそんなふうになっちゃうの?と思いきや、アンソニーがそっくり同じ色にペイントしてくれました。

cardoor
アンソニーのガレージにて。きれに塗り上げられ、あとは取り付けを待つばかりのドア!

お昼前に車を預け、夕方取りに行くと、新しいドアが付いた私の車がピカピカに洗車されてそこにありました。フロントガラスの水パイプが切れていたのも直してくれたし、ゆるかったギアもきつめてくれたし、アンソニー、ありがとう~!
ガレージに居合わせたおじさんとも立ち話し。私のタイヤのホイールが外れているのを見て、家に予備があるから、今度アンソニーに預けておくよ、とのこと。

ミラーもピカピカ、ドアもピカピカになった私の車、次なる修理はフォグ・ライトかな。
路上駐車している時に盗まれでもしたようで、気がついたら、そこが2つの穴になっていました。
しばらくは新しいミラーとドアの余韻にひたることにし、それが冷めたらまた、アンソニーに中古ライトを探してきてもらうとしましょう。


関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

旅のガイドのご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

オンラインセミナー開講!
2020年6月20日(土)~各45分・無料お試し回+全6回
ライブ配信終了・見逃し配信購入→こちら

秋のケルト市「ナオコガイドのどこでもドア」
2020年10月2~4日 東京・巣鴨にて
→無事終了・ありがとうございました!

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram  

ブログ内検索

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ