FC2ブログ

記事一覧

宝ジェンヌ、ダブリンに来たる

2008年の仕事始めは、総勢170名という超大型ツアーでした。
宝塚の上演演目のゆかりの地を、出演したスターと共に訪ねるというユニークな趣向のもので、月組のトップ・スターである、瀬奈じゅんさん、彩乃かなみさん、霧矢大夢さんが、ファンの皆さんと共にダブリンにいらして下さったのです。

お三方が出演されたアイルランドゆかりの宝塚歌劇とは、

・『Ernest in Love』(2005年) - オスカー・ワイルドの小説『The Importance of Being Ernest(まじめが肝心)』が原作。
・『Jazzyな妖精たち』(2005年) - アイルランド移民の物語。アイリッシュ・ダンスを踊る場面があり、初代リヴァーダンスのジーン・バトラーさんにより振り付けが行われたそうです。
・『風と共に去りぬ』(2002年) - スカーレットのお父さんはアイルランド人。彼女の故郷であるタラ農場の名は、ダブリン近郊の「タラの丘」に由来。

…だそうです。
宝塚というひとつのテーマから、こんな風にアイルランドに関連付けるのも面白いアイデアですね。

ダブリンと近郊の上記ゆかりの地を訪ねる他、宝ジェンヌの皆さんとの記念撮影、アイリッシュ・ダンス&音楽ショーの鑑賞など、正味たった一日のダブリン滞在ながら、実に盛りだくさんなスケジュール。
お客様も宝ジェンヌさんたちも、長旅のお疲れをおして大活躍して下さいました!

takarazuka2
ランチ会場にて。この後、瀬名さんたちお3人がサプライズで登場、会場を大いに盛り上げて下さいました!

初日の飛行機の遅れ(ヒースローでの着陸事故により、滑走路のひとつが閉鎖したため)や、大人数での見学、移動など、不便なこともあったことと思いますが、皆さん協力的にマナー良く楽しもうとして下さっている様子がひしひしと感じられて、さすが日本のお客様!と誇らしく感じました。
さらに、夜のショーでの拍手の仕方が上手いこと!さすが、宝塚ファンの皆さんですね。

今回私は宝ジェンヌお三方のアテンドを主にさせていただき、スターと呼ばれる方々の素敵な素顔にも触れさせていただきました。
トリニティー・カレッジや聖パトリック大聖堂など、ダブリンの名所も興味深くご見学下さり、雨の中の散策もいとわず、楽しんで下さったようで良かったです。
妖精が出てくる劇を演じられたこともあり、「アイルランドには本当に妖精がいるんですか?」と楽しい質問を下さった瀬奈さん。今朝、空港でお別れする際、「ところで、妖精には会えましたか?」と聞くと、「会えたと…思います!」と、他のお2人と共ににっこり。
その情感のこもった答え方や自然な笑顔に、彼女たちの温かいお人柄を感じたような気がして、印象に残りました。

takarazuka1
ツアー参加のお客様たちへの直筆サイン。裏面には3人の宝ジェンヌのお写真入り

関連記事

スポンサーリンク

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

旅のガイドのご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

オンラインセミナー開講!
6月20日(土)~無料お試し回+全6回
毎週土曜20:00~(各45分)
→詳細&お申込みはこちら
(ライブ配信終了、見逃し配信購入可能)

★岡山市にて講演
2020年10月
→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月
→詳細は追ってお知らせします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram  

ブログ内検索

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ