FC2ブログ

プロペラ機でアラン諸島へ!

aranflight


これまでアラン諸島へはフェリーでしか行ったことがなかったので、今回は、エア・アランのフライトを利用してみました。
これがまた、とっても面白かったのです!

ゴールウェイから連絡バスで、コネマラ空港へ
前日にエア・アランから「連絡バスが30分早く出ます、でもフライトの出発時間は変わりませ~ん」と、よくわからない電話連絡がきて、どうしてかな~と思っていたのですが、バスに乗ってみて、3つの島行きのお客さんが全部一緒にトランスファーされていることに気がつきました。
おそらく、シーズン・オフのお客さんが少ない時期には、よくあることなのでしょう。

荒野の中のプレハブ小屋といった感じのコネマラ空港、ここでのチェックインがこれまた面白い。なんと、荷物ごと人間もみな、巨大体重計で測られてしまうのです!
そういえば、添乗員時代にカンボジアかどこかでこういう場面があったな~と、ちょっと懐かしくなりました…。

小さなプロペラ機は、パイロットを入れて10人乗り
顔ぶれは、ゴールウェイにお買い物に行ってきたらしいおばさんの2人連れ、夏場のショーでシャンノースを歌う島の女性シンガー、日に焼けたしわくちゃ顔+ベレー帽の典型的な“アランの男”タイプのおじいさん、10歳くらいのそばかす顔の女の子(あとでわかったのですが、島で宿泊したゲストハウスの女将さんの姪)などなど…とってもローカル!

7分間のフライトは素晴らしいの一言

aranflight2


私の目的地であったアラン諸島最大の島(と言っても15キロX4キロ)イニシュモア島に到着してみると、何の手配もしていないのに送迎バスが用意されていてびっくり
さすが人口900人の小さな島、「ガイドのナオコがウェディングのコーディネートで○×ゲルトハウスに宿泊する」ことが、すっかり知れ渡っていました…!

2日後の帰りのフライトは、霧のためにキャンセルされてしまったのですが、これまた私の知らない間に、自動的に次のフェリーに振り替えられていた…。

島の皆さんの、口コミの素晴らしい連係プレーには恐れ入りました!
感激しながらもびっくりの連続、とっても面白い冬のアラン諸島への旅でした。

関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

★オンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ