FC2ブログ

冬至の日のニューグレンジが見られます

世界最古のモニュメントとも言われる、5200年前の巨石古墳ニューグレンジ(Newgrange, Co.Meath)。
一年のうち、冬至の日とその前後の数日間のみ、ルーフボックス(roof box)と呼ばれる高窓より太陽の光が墓室に差し込む仕掛けとなっています。

その冬至の朝のニューグレンジの様子が、Heritage IrelandのWebサイトでライブ映像で伝えられました。
12月21日(もしくは22日)の午前8時30分から1時間のニューグレンジが、墓室の内外合わせてご覧になれます。

Heritage Ireland Solstice 2007…'View the archive'をクリック(Windows Media Player対応)
(冬至の日に墓室に光が入るのは一般に午前8時58分から9時15分までですので、映像が始まって28分後位~45分後位に注目!)

朝日に照らし出されるニューグレンジの神々しい姿、その光が一直線に墓室に差し込む様子、集う人々の嬉しそうな姿が見られます。

農耕民族であった当時の人々にとって、太陽は神様。一年でいちばん長い夜が明けた最初の太陽は、死者の霊を弔う大切な光であると共に、新しい年の始まりを意味するものでもありました。
今年のニューグレンジの「新年」は、美しく輝く朝日と共に幕を開けたようです。

冬至の日以外の通常の見学では、墓室内に差し込む光の筋を電気の光で再現して見せてくれます。それでも十分感激するのですから、実際の太陽が差し込む様子はさぞかし素晴らしいことでしょうね。

※関連の過去ブログ:ニューグレンジの抽選ボックス

関連記事

コメント

akko

はじめまして
はじめまして。akkoと申します。(名古屋在住です)
コメント失礼いたします。
神の啓示のごとく「アイルランドに行きたい」と思うようになり早数年(長時間フライトが嫌いでなかなか遠くへいけません)
でも、近い将来必ずアイルランドへ行きます。
ブログ、すみからすみまで拝見させていただきます。

naokoguide

akkoさんへ
コメントありがとうございます。
そう、飛行機が長いですよね…。でも、それだけに、アイルランドの緑の大地を目にしたときの感激は大きいと思います!
ぜひぜひ、いらしてくださいね。
これからもよろしくお願いいたします。
非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

★オンライン講座配信!
【新規講座】 →詳細決まり次第お知らせいたします!

見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

カレンダー

07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ