FC2ブログ

記事一覧

静かなる男

姉の家にあったDVDで、久しぶりに観たジョン・フォード監督(John Ford)のこの映画。

quietman
静かなる男(The Quiet Man, 1952)

今回久しぶりに観て、さすが名作とあらためて感動。
ストーリーは痛快、かつ、筋はシンプルながらなかなか凝った作り。半世紀の歳月を経た今も尚、ファンが多いのもうなずけます。
音楽シーンも多く、これって50年前の『Once』なのかも…と思ってしまったくらい。アイルランド民謡満載で、音楽映画といってもいいくらいです。
『Isle of Inisfree』から始まって、『Wild Colonial Boy』、『Galway Bay』など、突然みんなで歌いだすシーンが印象的で、それがまたとても楽しそうで、アイルランドへの旅情を誘うのです。

映画のロケ地はアイルランド西部のゴールウェイ周辺。
コング村(Cong, Co.Mayo)やアッシュフォード城(Ashford Castle, Cong, Co.Mayo)、コネマラ地方(Connemara, Co.Galway)にある橋やコテージなど、ツアーでよく行く場所ばかりです。
お客様にいつもこの映画の話をさせていただくので、実際に見た回数以上に、ロケ地情報や撮影当時の裏話にすっかり詳しくなってしまいました(笑)。
映画を観ていると、ああ、あそこはコング村のあの路地ね~、アッシュフォード城の手前の橋ね~、などど分かるので、なんだか昔のアイルランドにタイムスリップした気分です。

cong1
アッシュフォード城の橋

cong2
コング村にあるレストラン、その名も「ミケリーンズ」。映画の中のミケリーンみたいな老ウェイターさんが本当にいます!(いずれも2006年8月撮影)

ところで、メアリー・ケイト役のアイルランド人女優モーリン・オハラ(Maureen O'Hara)さんは今年87歳になられ、今もお元気でいらっしゃいます。アイルランド南西部に邸宅があり、時々いらっしゃっておられるとか。
ダブリン生まれの彼女はアイルランド語がペラペラで、映画の中でもちらりと披露されているのですが、今回見たときは単語がいくつか聞き取れて嬉しかったです。

それにしても、こういう古きよき時代の映画っていいですね。
突っ込みどころも満載で楽しく、観終わったあとにずっしり充実感がありました。

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

イベントのお知らせ
島根県松江市にてトーク・イベント予定
日時:2019年11月24日(日)午後
場所:松江城内 興雲閣
→詳細は追ってお知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram  

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ