FC2ブログ

記事一覧

ケルティック・クリスマス2007

東京で行われた、「Celtic Xmas 2007」へ行ってきました。

celticchristmas
Plankton・HP

「Celtic Xmas 2007」は、毎年クリスマス時期に行われる、アイリッシュなどケルト系ミュージシャンによるライブ。
今年は、Treadというカナダ人ダンサー&アイルランド人ハープ奏者を中心とする伝統音楽のバンドと、Anunaというアイルランドの中世音楽を中心に歌う合唱団のコラボレーション。
ユニークでささやかな、心温まるコンサートでした。

カナダ人のピラツキ兄弟(Jon & Nathan Pilatzke)のステップ・ダンスは、私が見慣れたアイリッシュ・ダンスとは大違い。上半身もノリノリで、まるでストリート・ダンスのよう。リヴァーダンスの第2部に登場する、黒人ダンサーを彷彿とさせました。
アイリッシュ・ダンスも、海を越えるとこんな風にアレンジされるのね~、となんだか新鮮。

後半に登場したAnunaが、これまたとっても良かった。
アイルランドの古いチューンを中心に美しい歌声が披露されたのですが、日本の立派なホールで聞くと、その素朴な良さがより際立つ感じ。ステージにいる彼らとその周りの空気だけが、ふう~っと「アイルランド」になっていました。
たどたどしくも心のこもった日本語での挨拶が、これまたお茶目なアイルランド人らしくて、皆さん好感を持ってくださったようでした。

会場では、普段仕事でお世話になっている観光庁の方やメディア関係の方にお会い出来ただけでなく、この夏アイルランドに来て下さったお客様にもばったり遭遇!
話題は瞬く間に、アイルランドのことへ…。

日本の中の「小さなアイルランド」にいるような、楽しいひとときでした。

関連記事

スポンサーリンク

コメント

ナオコさん、日本での休暇楽しんでいるようで良かったです!日本にいてもアイルランドつながりで結局「似たもの同士」固まるんですよね、私はないなあ、日本にいても(笑)。
そういえばドイツにいる知人が「今アイルランドからの<ケルティッククリスマス>ってコンサートが巡業しているよー」と教えてくれました。どうもアイリッシュハープオーケストラの人たちがドイツ・オーストリアを回っているようです。アイルランドにはあまりそういうのはないですよね、トラッドファンの人たちに嫌がられるからかしら・・・私は聞いてみたいなー。

Uisceさんへ

Uisceさん、こんにちは。アイルランドはすっかりクリスマス・ムードいっぱいでしょうね。
私もおかげ様で、一年ぶりの日本を満喫しています!

アイルランドでは、ハープが他の楽器とセッションしたり、ダンス音楽を弾いたりというのはあまりないので、ちょっと驚きました。
日本でアイルランドをやるとこうなるのね~という視点から、なかなか興味深かったです。

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

旅のガイドのご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

秋のケルト市「ナオコガイドのどこでもドア」
2020年10月2~4日 東京・巣鴨にて
各日15時~ダブリンよりオンライン参加!
→詳細・入場予約はこちら

オンラインセミナー開講!
2020年6月20日(土)~
各45分・無料お試し回+全6回
→詳細&お申込みはこちら
(ライブ配信終了、見逃し配信購入可能)

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram  

ブログ内検索

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ