FC2ブログ

記事一覧

聖パトリックの聖遺物は五番街にあった!

ニューヨークの五番街、ビルの谷間に負けじとそびえ立つセント・パトリック大聖堂(St. Patirick's Cathedaral)。

stpatny
1858~1878年建設。北アメリカ最大のネオ・ゴシック様式のカテドラル

マンハッタンに数ある教会の中でもひときわ大きく美しいこの聖堂は、ニューヨークにおけるアイルランド系住民の底力を物語るようです。
街歩きの途中に訪れてみると、ちょうどミサの始まるところで、多くの人が参拝に訪れていました。

アイルランドの守護聖人パトリックをまつった教会であるからには、何かパトリックに関係する装飾があっていいはず。
例えば、ダブリンの聖パトリック大聖堂は、パトリックが信者を洗礼したという泉が沸いていた場所に建てられており、祭壇上部のステンドグラスにはパトリックの姿があしらわれています。

ここにも何か、パトリックゆかりのものがあるのでは…と思い、教会の運営委員らしき人に尋ねてみたところ、ミサの準備でお忙しいところを大変親切に教えてくださいました。

まずは、主祭壇向かって左側の柱に聖パトリックの像。

stpatny4
アイルランドの聖パトリックは先の尖った帽子(司教さんの帽子)をかぶって司教杖を持っているので、これがパトリックだとは気がつきませんでした

そしてもうひとつ。なんとこの教会内に、聖パトリックの聖遺物があったのです。

stpatny3
クリスタルのケルテック・クロスが聖遺物箱(アイルランド製のものかどうかはわかりませんでした)。十字架の真ん中に聖パトリックの聖血が…!(主祭壇の左側の翼の部分にあります)

アイルランドで亡くなったと言われる聖パトリック。彼の聖遺物が一体いつ、どういった経緯でこのニューヨークへやってきたのでしょう。

アイルランド国内にある聖パトリックの聖遺物と言えば、私が知る限り、国立博物館(キルデア・ストリート)にある「聖パトリックの鐘」くらい。(ローマ法王に認定されたものというわけではなく、あくまでも伝説ですが)
本国にもないものが海を越えたアメリカにあるとは…。これもまた、アイリッシュ・アメリカンの底力&宗教心の強さ故でしょうか。

それにしても、ティファニーと同じ五番街に聖遺物が並んでいるなんて、なんだかアメリカっぽくて面白いな~と思ったのでした。

stpatny2
大司教区となって来年で200周年

※聖パトリックについては、こちらのHPに分かりやすく解説されています。(カトリック豊島教会のHPより)

関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

旅のガイドのご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

秋のケルト市「ナオコガイドのどこでもドア」
2020年10月2~4日 東京・巣鴨にて
各日15時~ダブリンよりオンライン参加!
→詳細・入場予約はこちら

オンラインセミナー開講!
2020年6月20日(土)~
各45分・無料お試し回+全6回
→詳細&お申込みはこちら
(ライブ配信終了、見逃し配信購入可能)

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram  

ブログ内検索

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ