FC2ブログ

記事一覧

エリス島の移民局を訪ねて

ニューヨークの自由の女神のある島のお隣りに、エリス島(Ellis Island)というもうひとつの島があります。
この島にある赤レンガを使ったヨーロッパ風の美しい建物が、かつてアイルランド人を含む世界各国からの移民たちが、アメリカ本土上陸の前に上陸・通過した移民局でした。

ellisisland
1892年開局。1954年に閉鎖されるまでの62年間に1200万人が通過。現在は博物館となっています

以前にニューヨークに来た時は、時間がなくてチラリとしか見ることができなかったこの博物館。今回は日本語のオーディオガイド付きでじっくりと見学してきました。

このオーディオガイドの説明が、退屈してしまうかと思いきや実に興味深く、ぐんぐん引き込まれてしまい、最終的には2時間近く博物館内で過ごしてしまいました。
当時の移民の喜び・哀しみをすっかり追体験。時代は違えど、アイルランドにおける私の立場も移民のようなもの。メディカル・チェックを含む厳しい検査を受け、ようやくアメリカ本土への上陸を許可された人々の気持ちを、ダブリンのイミグレーション・オフィスでようやくパスポートにスタンプを押してもらった時の自分の気持ちになぞらえて、なんだかじ~んときてしまったりしたのでした。

ellisisland3
船から上陸した移民たちが登録を待ったホール。女性は、男性の同伴者または男性の迎えがないと入国を許可されたなかったので、ここで結婚する人もいたそう…

ellisisland6
ドイツ人、ロシア人、イタリア人…さまざまな国からの移民たち。上段真ん中の女性はアイルランド人

ellisisland5
世界各国からもたらされた品々。ケルティック・クロス(国章のハープと4地域の紋章があしらわれています)とシャムロックのお皿はもちろんアイルランド移民のもの

※エリス島移民博物館
Ellis Island Immigration Museum


関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

旅のガイドのご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

オンラインセミナー開講!
2020年6月20日(土)~各45分・無料お試し回+全6回
ライブ配信終了・見逃し配信購入→こちら

秋のケルト市「ナオコガイドのどこでもドア」
2020年10月2~4日 東京・巣鴨にて
→無事終了・ありがとうございました!

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram  

ブログ内検索

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ