記事一覧

キルケニーと「夏の名残のバラ」

日本で『庭の千草』として知られるアイルランド民謡。
原題は『The Last Rose of Summer(夏の名残のバラ)』と言い、19世紀を代表するダブリン生まれの詩人トーマス・ムーア(Thomas Moore, 1779-1852)の作品です。

1805年、当時26歳だったトーマス・ムーアが、キルケニー近郊のジェンキンスタウン・パーク(Jenkinstown Park, Castlecomer, Co. Kilkenny)滞在中に作詞・作曲したと言われるこの曲。
日本では「ああ白菊~」と訳されていますが、オリジナルはバラの花なんですよね~。メロディーの物悲しい感じが、当時の日本では、バラの花ではハイカラすぎて伝わりにくかったのでしょうか。

そして昨日、キルケニー城の庭園で、まさにひとり寂しく咲き残る「夏の名残のバラ」に遭遇!

lastroseofsummer

ムーアが詠ったバラの花は「庚申バラ(Old Blush China)」であろうと言われているのですが、このピンクの愛らしいバラの花がそれなのでしょうか。
バラの花の種類のことはよく分からないのですが、そうだったら素敵ですね~などとお客様とお話しながら、庭園を楽しく散歩しました。

ちなみにトーマス・ムーアの時代のキルケニーは「アイルランドのアテネ」と呼ばれ、演劇が非常に盛んな街だったそうです。
若き日のトーマス・ムーアは、戯曲家として脚本を書くばかりか俳優としての才能も持ち合わせており、キルケニーで舞台に立ったこともあったとか。

日本で『春の日の花と輝く』として知られる『Believe Me, If All Those Endearing Young Charms』も、キルケニーで生まれたトーマス・ムーアの作品。
このロマンチックな愛の歌は、将来の妻となる若き舞台女優ベシー(Bessy)に捧げたものだと言われています。

※ 『庭の千草』の歌詞(日本語・英語)また「庚申バラ」については、Dr.町田さんのこちらのHPに興味深い解説があります!

コメント

私は「夏の名残のバラ」のメロディーだけを知っていた口。というのも好きなヴァイオリニストのCDで演奏を良く聴くからです。詩をまともに読んだのは初めてでした。「夏の名残のバラ」っていう日本語の題名がいいと思わない?その言葉を聞くだけでちょっとしたストーリーを思い描けるような気がするの。もちろんラブストーリーです。

4年前のアイルランドでステイ先のジエイニーさんが、トーマスムアについて話してくれました。私はトーマスモアのことだと思い、イギリスからきたのですか?とかユートピアを書いた人ですねと言ってたのですが、あまりよくわからないままでした。ところがバリーノッケンハウスの部屋にこの詩の額がかかっており、あ~これだとひとりで大喜びしたことをおもいだしました。

私の庚申バラは今年の暑さでまいってしまい、つい一週間前に命絶えてしまいました。
枯れる直前までひとつふたつ花をつけていたのです。本当に夏の名残のバラとして、、ああ、もっと前にこれが「Old Blush China」で「夏の名残のバラ」というのを知っていたら心入れも強く、枯れたときは歌の一つも歌ってあげられたのに。
でもこの場でPearlさんやアンドーさんたちと共通の話ができるなんてうれしいこと!
ナオコガイドさんありがとう!

Pearlさんへ
『庭の千草』の歌詞は、年配の方でないとあまり知らないみたいですね。私もアイルランドに関わるようになるまで、知らなかったと思います。

アンドーさんへ
それ、ありがちなミステイクみたいですよ。でも、ちゃ~んと気づくところが、さすがアンドーさん!

アンナムさんへ
アンナムさんのバラのテラス、前に写真で見せていただいて感激しました。庚申バラは、ちなみにアンに出てくるバラでもあるらしいですよ。今度またお話しますね~。

 今月はじめから9日間、ウェールズとアイルランドに行ってきました。アイルランドの色々を検索すると、必ずナオコガイドさんに行き着きます。今後も、チェックさせていただきます。

アルクサンダル・オショユスキーさんへ

お役に立てて何よりです。楽しい旅になりましたか?
こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします!

庭の千草の本当の意味

初めまして。私は高齢者の文化活動を支援している者です。かねてから「庭の千草」の本当の意味が理解されずに歌われていることが残念でなりません。理解していただければ、高齢者、わけても伴侶に先立たれた方が、どれ程勇気づけられることでしょう。一度私のブログ「うたことば歳時記」の中の「唱歌「庭の千草」の秘密」をご覧下さい。御紹介もなく出過ぎたことを申し上げて本当にすみません。

milk3さんへ

ずいぶん前の記事なのに、見つけて読んでくださりありがとうございます。
こちらのブログですよね、拝見させていただきました。貴重な情報をありがとうございます。

http://blog.goo.ne.jp/mayanmilk3/c/9df1ef90a093749f8aef233280cc209a/2

日本語の訳詞は、花は違えど原文の詞の真意を日本風に伝えたものだったのですね。よくわかりました。ありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

おかげさまで重版決定
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

イベントのお知らせ
スケジュールが決まり次第、お知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。
Instagram

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ