FC2ブログ

試合か、搾乳か…?

夏のGAAスポーツ・シーズンもいよいよ大詰め。
今週末はゲーリック・フットボールの準決勝で、ダブリンが競合ケリー(過去最多優勝県!)と対戦します。

アイルランドでは夏の間、国技であるゲーリック・フットボールハーリングの県対抗試合がほほ毎週末行われ、9月のオール・アイルランド国内優勝決定戦に向けて、盛り上がっていくのです。

ハーリングの方はすでに決勝出場県が決まっており、今年のオール・アイルランド決勝戦はキルケニー対リマリック
キルケニーは常連ですが、リマリックはめったに決勝まで上ってくることのない県とあって、大変な興奮ぶり。

数日前のThe Irish Timesに、こんな面白い記事が載っていました。
キルケニーもリマリックも農業人口の多い地域で、選手にもサポーターにもファーマーが多い。
酪農を行っている農家では、朝晩1日2回の搾乳が日課。
ハーリングの国内決勝戦は9月の第2日曜日の午後に行われるのですが、ダブリンまで試合にかけつけた場合は、その日の夕方の搾乳時間に間に合わない
酪農を行っている選手やサポーターたちは、試合か、搾乳か…のジレンマにおちいっているというのです。

ところが科学者が発表した説によると、ウシの搾乳が日に2回不可欠なのは4~7月であり、それ以外の月は、月に13回までならスキップしてもミルクの品質には影響がないとのこと。
試合の日は、搾乳を気にすることなく、思う存分楽しんでOKですよ~と書かれていました!

ゲーリック・スポーツは完全なるアマチュア制
選手たちはプレイすることでは何の報酬も受けていないので、どんなスター選手でも、日常は普通の会社員だったり、ファーマーだったりするのです。
デイリー・ファーム出身の選手やサポーターたちは、この新聞の発表で、ほっと胸を撫で下ろしたことでしょう~。

cowsfield
アイルランドに多い乳牛はオランダ生まれのフリージアン種

関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

★オンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ