FC2ブログ

ナショナル・カラーの緑の石

アイルランドのナショナル・カラーは緑色
緑色は、国民の9割を占めるカトリック教徒の色であり、「エメラルドの島」とのニックネームを持つこの国の大地の色でもあります。

ゴールウェイ西のコネマラ地方(Connemara)では、そんなアイルランドにぴったりのコネマラ・マーブルと呼ばれる緑色の石が採れます。
コネマラ観光の途中に、石を加工して製品にしている工房&ビジターセンターに立ち寄ってみました。

connemaramarble6

Connemara Marble Visitor Centre
Moycullen, Co. Galway.
Tel: +353 (0)91 55 5746 (/555102)

(ゴールウェイより車で約20分)

一口にコネマラ・マーブルと言っても、さまざまな色合いのものがあるようです。
グリーンが濃いもの、薄いもの、さらにはホワイトやブラックの石も。

connemaramarble7
ローズやレッドは南部コーク産

connemaramarble2
右はコネマラ・マーブル、左はアメジスト!

19世紀初頭に創業した石切り場は、コネマラの背骨を成す山脈トゥエルブ・ピンズ(Twelve Pins)の中にあるそう。
石の年齢としては、グリーンのものは5億年、ブラックは2.5億年だそうです~!

connemaramarble5
加工途中の製品

ショールームには、アイルランドらしいデザインのさまざまな置物やアクセサリーがいっぱい。

connemaramarble3

connemaramarble4

そういえば、2005年に天皇皇后両陛下がアイルランドをご訪問なさった時、お孫様のお土産に買ったものはコネマラ・マーブルのペンダントでした。(シルバーのシャムロック型で、葉の部分がコネマラ・マーブル)

かつてはお屋敷の暖炉、教会の柱などに豊富に使われたので、アイルランドを代表する歴史的建造物に緑の美しい石がキラキラしていたら、ほぼ間違いなく、コネマラ・マーブルです~!
(例:バリナヒンチ・キャッスルの暖炉、ダブリンの国立考古学博物館の階段の手すり、ゴールウェイ大聖堂など…)

connemaramarble8
Klymore Abbeyのチャペルの柱

関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

秋のケルト市!
【ダブリンよりヴァーチャル出演!】
2021年10月30日
詳細・お申込み→こちら

★オンライン講座配信!
【新規講座】 →詳細決まり次第お知らせいたします!

見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2022年度に延期となりました

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ