FC2ブログ

ハーフ・ドアーを開けると…(ディングル)

ヨーロッパ最西端の町ディングルには、昔ながらのHalf Door(ハーフ・ドアー)が、今でも比較的多く残っています。

halfdoor4

その昔、アイルランドの民家では、家畜も室内で一緒に飼っていました。
扉を開けるごとに家畜が外に出てしまっては大変。訪問者がやって来てドアノブを「コンコン」とたたく音が聞こえたら、上のドアーだけを開けて顔を出し、そこでおしゃべりするわけです。

黄色くペイントされたこのカラフルなハーフ・ドアーは、ディングルの町で長く営業する小さいながらも人気のシーフード・レストランで、その名もThe Half Door。

The Half Door Restaurant
John Street, Dingle, Co. Kerry.
Tel: +353-66-51600
Fax: +353-66-51183


ハーフ・ドアーを開けて入ってみると、昔の民家の梁をそのまま残した温かみのある内装

halfdoor2

小さなバー・カウンター、小さな椅子とテーブルが狭い店内にひしめき合っていて、隣りのお客さんともとっても近い。
このアットホームな感じこそ、アイルランドの昔ながらのレストラン
とってもリラックスした気分で、おいしいシーフード料理を堪能しました~。

halfdoor1
具沢山のシーフード・チャウダー

halfdoor3
カニ爪、エビ、ホタテの盛り合わせ。この地方の夏を代表する花・赤いFuschia(日本名:ホクシャ)が添えられているのが素朴で可愛い~

このところ昔ながらの小さなホテルやレストランが、次々に改装してモダンなっていくので、なんだか寂しく思っていた矢先…。(条例が厳しくなり、そうせざるを得ないこともあるようです)
いまだ残るアイルランドらしいチャーミングなレストランに出会えて、とっても嬉しくなったのでした。

関連記事

コメント

信男

リンクのご報告です
はじめまして、リンクのご報告です。
現在、海外情報関連のサイトを集めたリンク集「異国でごじゃりん」というのをやってます。
今回、貴ウェブログをリンクさせて頂きました。
リンク拒否等がございましたらお手数ですがご連絡を下さい。

naokoguide

信男さんへ
リンクしてくださってありがとうございます!
URLがうまく表示されなかったので、別の方法があればお知らせくださいませ。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

★オンライン講座配信!
【新規】 2021年4月24日(土)
→お申込み・詳細はこちら

見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ