FC2ブログ

カトリック・プロテスタント合同での壁画作成!

ベルファーストの市内観光中に、壁画(murals)の描き換え作業に遭遇しました。
(壁画についての詳しいことはこちら

muralsfallsroad
Falls Roadにて

ここは西ベルファーストのカトリック系の人々の居住区で、かつては過激な場所だった地区。
お隣りのプロテスタント系の人々の居住区とは、ピース・ライン(Peace Line)という鉄の壁で仕切られ、鉄のゲートが閉められていた地域です。(壁やゲートは今も残っています)

peaceline
今も残るピース・ライン。プロテスタント居住区より

そんな地域での壁画作成、なんと今回はカトリック系・プロテスタント系両住民による、初の合同製作だそうです!

壁画のテーマはもはやテロ関連ではなく、女性差別を訴えるもの(写真中央)や、バスクの平和をサポートする意味でピカソのゲルニカ(バスク関連、写真左)など。
メイン・アーティストさん3人がリーダーシップを取り、ボランティアの学生さんや、地元の子供たちのヘルプによって作業が進められているそう。
その中にはなんと日本人の学生さんもお一人いらして、私たちを見るや否や駆け寄って来て下さり、壁画について詳しく説明して下さいました。
(ありがとうございました!)

昨日の新聞では、北アイルランドのリスバーン(Lisburn)に駐屯していた最後の英国部隊撤退のニュースが報じられたばかり。
1969年より38年間続けられていた英国の北アイルランドへの軍事作戦が、ついに幕を下ろしたわけです。
整列する軍隊を背にしてアイリッシュ・ダンスを踊る女の子の写真が、Irish Timesの一面を飾りました。

IRAの武装解除プロテスタント系・カトリック系の連立政権による自治政府の誕生、そして今回の英国の軍事作戦停止…と、北アイルランドの和平プロセスもいよいよ大詰めに入ったようです。
数日前には、ダブリン-ベルファースト間の高速道路がついに国境線を越えて開通、南北の距離が物理的にも縮まるという喜ばしいニュースも加わりました。
いずれも私がアイルランドに関わり出した10年前程前には、予想さえしなかったような出来事ばかり…!

かつては観光バスが通るのも危なかったような地域で、両サイド合同の壁画作成の現場を目の当たりにするとは…アイルランド人でない私でさえも、なんだか胸が熱くなるような想いです。


関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

★オンライン講座配信!
【新規】 2021年4月24日(土)
→お申込み・詳細はこちら

見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ