FC2ブログ

元・精神病院のホテルにて…

昨晩、スライゴ(Sligo)で泊まったホテルは、19世紀の歴史的建造物。

sligoclarion1
Clarion Hotel Sligo

エリザベス様式の立派なファサードは、1855年、建築家ウィリアム・ディーン・バトラー(William Deane Butler)によるもの
ダブリンのコノリー駅、キルケニーの聖メアリー(カトリック)大聖堂を手がけた建築家です。(そう言われてみると、コノリー駅とよく似ている…!)

スライゴに建てられたこの建物は、駅でも教会でもなく、なんと精神病院
多い時には1000人以上の患者さんが入院生活を送っていたという、聖コロンバ精神病院(St Columbas Lunatic Asylumだったのでした…。

20世紀後半になり、患者数の減少、建物の老朽化が進み、1992年に病院は正式に閉鎖
4500万ユーロかけて修復・改装が行われ、2005年にクラリオン・ホテルとしてオープンしました。

sligoclarion6
天井や窓の高いベッド・ルームは、言われてみれば病室っぽいかも…

sligoclarion3
広々したロビーも「待合室」を連想させます

sligoclarion2
病院時代からのチャペル。今はホテル・ウェディングに使われます

思い込みの激しい私は、歴史ある精神病院に宿泊して、心身ともにすっかり癒された感じ~。
ぐっすり眠って、今日は絶好調。

一方、夜中にうなされたお客様も…!
お隣りのベッドで寝ていた妹さんは、お姉さんの叫び声を聞いて飛び起きたそうです。
ところが、当のご本人は全く覚えておらず、朝起きてみて、サイド・テーブルの上のものが全部床に叩き落されているの見て、びっくり仰天だったとか。
妹さんが幻覚を見たのか、お姉さんの記憶がないのか…?どちらなのでしょう)

それぞれの夜を過ごした私たちですが、今朝ホテルを発つ時には、可愛いツバメの子供たちを発見。
お母さんツバメが餌を運んでくるのを、皆でお利口に待っていました。
こういう光景こそ、いちばんの癒しですね~。

sligoclarion5
ホテルの玄関口に巣を作るツバメたち

関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

★オンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ