fc2ブログ

言葉を紡ぐことの難しさ

外は強風が吹き荒れているのをいいことに、家にこもってひたすら執筆。
やっと全体量の3分の1を越えたので、来週までに半分書き終えるという目標にどうにか届きそうです。
今回の本は字数はそれほどではないものの、トピック数がとにかく多く、ひとつひとつ裏を取ったり、写真を準備したりしていると結構時間がかかります。でも、書く内容を本当に理解して、自分の中に落とし込んでからでないと、やっぱり書けないものですよね。実際に言葉に紡がれ、文章になるのは、かけた手間や想いのほんの2~3割でしかないのだけれど、残り7~8割が行間に出ることで、深みが生まれるのだと思う。ガイディングと同じですね。

今朝は、コーヴ(Cobh, Co. Cork)に銅像のあるアニー・ムーアのことを書いていて、彼女のことを題材にしたブレンダン・グレアムさん作詞の名曲、「Isle of Hope, Isle of Tear(希望の島、涙の島)」の歌詞をあらためて読み直していたら、胸に響きまくって涙が止まらなくなり…(笑)。
でも、そんなふうにしてアニーの気持ちを「感じて」から書いたら、それなりに納得のいく文章になりました。あちこち脱線しているようだけれど、それが大事なのかもしれませんね。

そんなわけで、締め切りに追われつつも楽しく執筆しています♪

eastereggs0424
イースターのチョコレート写真を撮影する必要があり、屋外でしたかったけれど強風のため断念して室内で。スイセンも風になぎ倒されそうだったので、切り花にしてしまいました。撮影要に用意した大量のチョコレートをモグモグ食べながら執筆(笑)
関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイドの山下直子です。2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、アイススケート、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。長野県上田市出身。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
☘8/29最新版刊行☘好評発売中!
ikarosbook0517 . ikarosnewbook0823
初版はこちら

新規オンライン講座/講演会
→詳細は追ってお知らせ致します!

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ