fc2ブログ

レオ首相、電撃辞任!

今日は終日、自宅にこもって黙々と執筆作業をしていたので、夕方6時のニュースを見るまで知りませんでした。昼間にレオ・ヴァラッカー首相が電撃辞任を発表したことを!

2017年、史上最年少の38歳でティーショック(首相)になったレオ首相。お父さんがインドからの移民2世で、ゲイであることをカミングアウトした初の大臣として、この国と政界に新しい風を吹かせました。
最年少、移民、ゲイのアイルランド新首相(2017年7月)

leoregegnation0324
Who is likely to succeed Varadkar as Fine Gael leader?(RTE News)より

辞任の理由は、個人的・政治的な事情である、と。おそらくこの7年間、首相/副首相としてやるだけのことをし、燃え尽きたのではないかと思います。
もはや自分が首相として、党のリーダーとして適任と感じられなくなったと言っていましたが、政治家として国益をいちばんに考える賢い人なので、そろそろ自分の存在・役割がマンネリしてきて、新陳代謝が必要と考えたのだと思う。
辞任のスピーチで「(この7年間が)人生でもっとも充実した時だった」、「これからも、いち政治家として地域のために尽くし続けることを約束します」と声をつまらせる場面もあり、率直な彼の心からの言葉だと感じました。
もともと50歳までに政界を引退すると言っていたそうで、現在45歳なのであと5年。第2の人生に向けて、準備したいことがあるのかもしれませんね。



レオ首相の功績は、ブレグジットでの北アイルランドとの国境問題を収めたことや、同性結婚、妊娠中絶をめぐる2つの国民投票を成功させたことなどがあげられますが、私がもっとも感謝しているのはコロナ禍での素晴らしいリーダーシップです。明解で心に響く数々の名スピーチや、前向きで嘘のない彼の言葉と態度にどれだけ励まされたことか。

次期首相が誰になるのか、サイモン・ハリスか、パスカル・ドノヒューか。解散総選挙は行われるのか。ニュースや報道番組では早速それについての憶測がなされていますが、まずはレオ首相、本当にご苦労様でした。アイルランドのより良い未来のために決断してくれたことであると、信じています。
そして、比較するにはあまりに次元の違う話ではありますが、ロシアではあの人が、アメリカではまたあの人が権力の座にしがみつこうとするのを尻目に、レオの電撃辞任の潔いことと言ったら、小気味よくさえ感じられたのでした!

※レオ首相についての関連過去ブログ
レオ・ヴァラッカー首相の「美しさと危うさ」(2023年1月)
レオ・ヴァラッカー首相、最後の記者会見を「ありがとう」で締めくくる(2020年6月)
関連記事

コメント

北の国からSHIGE

レオ首相、突然の辞任!
ヴァラカー首相の突然の辞任、驚きました。
日本では、アイルランドのニュースはあまりお目にかかることはないのですが、今回は新聞でも大きく報道され解説されています。
先日の「家族」と「ケア」の国民投票の結果も、辞任を決意させた要因の一つでしょうか。
ヴァラカー首相のコロナ禍での国民への語りかけは、国民とともに歩もうという真心のこもった、その人柄がよく表れた内容で、とても感銘を受けました。
また、首相にあっても、週1回一人の医師としてコロナで疲弊した医療現場で協力していた姿勢にも新鮮な驚きをおぼえました。
まだお若いので、暫くはご自分の生活を第1として、近い将来再起されることを期待します。
(Naokoさんのブログもあり、日本の政治家以上に何か身近に感じられる方でしたね)

naokoguide

Re: レオ首相、突然の辞任!
SHIGEさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
いや~、驚きましたね!日本でも大きく報道されているんですね。
そうですね、国民投票の結果も、国民の現政府への不信があらわになったという点では一因かもしれません。当地で言われているのは、来年の総選挙でレオのフィナゲール党が勝つためには、党首を変えて一新するべし、選挙直前ではなくて余裕を持って今…ということのようです。党としてそういう策略で動いているということではなく、リオ個人の総合的な判断かと思います。
リオはもっと評価されるべきだと、私は思います。コロナ禍初期のリーダーシップはアイルランドのみならず、世界にも勇気を与えました。ブレグジットによる北アイルランドとのソフトボーダーの死守も。
リオよりさらに若いサイモン・ハリスさんが先ほど時期首相に確定しましたが、この方、37歳!
年上のベテラン政治家がサポート役にまわり、若くてエネルギーと情熱のある人がリーダーになるのっていいですね。
非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイドの山下直子です。2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、アイススケート、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。長野県上田市出身。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
☘8/29最新版刊行☘好評発売中!
ikarosbook0517 . ikarosnewbook0823
初版はこちら

新規オンライン講座/講演会
→詳細は追ってお知らせ致します!

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ