fc2ブログ

海を見ながら朝ごはん、ダンレアリ・バースのカフェにて

今朝はルアス(路面電車)とダート(郊外列車)を乗り継いで、お客様との待ち合わせ場所へ。
念のため早めに家を出たら1時間も早く着いてしまい、ダンレアリ(Dun Laoghaire)のカフェで海を眺めながら朝ごはんをすることに。

dunlaoghairebathscafe03244
入り口に「バース(浴場)」のモザイクがあるように、かつて海辺のレジャー施設だった建物

ダブリン南郊外に位置するダンレアリは、19世紀ビクトリア時代の面影を残す港町。上流階級の海辺の保養地として発展した町です。
1843年、地元のビジネスマンがここに屋外プールを建設。当初は小さなプールがひとつあるだけでしたが、1908年、水治治療を兼ねた公共レジャー施設として再建・拡大され、海水を利用した3つの屋外プールが建設されました。20世紀初頭は国内各地からホリデーにやって来る人たちでにぎわい、その後も地元の人たちの水泳レッスンが行われるなどさかんに利用されていたそうです。
70年代になると、近くに屋内プールがオープンしたり、人々が海外の暖かい国へホリデーに行くようになったことで需要が減り、1997年に閉鎖。その後は廃墟と化していましたが、近年レセプションだった建物が修復され、カフェとアート・スタジオが入りました。

dunlaoghairebathscafe0324
Happy Outという、ダブリン北郊外のブル・アイランドにもあるカフェ

dunlaoghairebathscafe03242
眼下にアイリッシュ海が。コンクリートの広場になっている部分がかつて屋外プールだったところ。プールは再建されなかったけれど、ここから海へ降りることができ、地元の人たちの泳ぎ場となっています

dunlaoghairebathscafe03243
海を眺めながら、ポリッジを朝ごはんにいただきました。温かくて優しい味♪

ポリッジとはオーツ麦を水やミルクで煮詰めたお粥で、アイルランド人の朝ごはんの定番。以前はあまり好きではなかったんですが、最近やっとおいしさに目覚めました。家で作るときはバナナ&ハニーをトッピングすることが多いですが、今朝はフレッシュなベリー類がとても美味しかったです。

このところ暖かい日が続き、今朝は13度くらい。風もなく穏やかで、こんなに時間があるのなら、仕事前にひと泳ぎすれば良かった(笑)。

dunlaoghairebathscafe03245
カフェのある修復された建物全景。次回は仕事のない朝に来て、泳いだあとにここでまた朝ごはんを食べよう♪

dunlaoghairebathscafe03246
お客様との待ち合わせ場所、ジョイス・タワー(Joyce Tower)のあるサンディコーヴ・ビーチ(Sandy Cove Beach)までもうひと歩き。サンディコーヴは泳ぎ場としてよりポピュラーで、ダンレアリよりたくさんの人が泳いでいました
関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイドの山下直子です。2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、アイススケート、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。長野県上田市出身。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
☘8/29最新版刊行☘好評発売中!
ikarosbook0517 . ikarosnewbook0823
初版はこちら

新規オンライン講座/講演会
→詳細は追ってお知らせ致します!

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ