fc2ブログ

ヒツジ県ウィックロウでヒツジづくし

今日は終日、昨日パトリックス・パレードにご一緒したグループ・ツアーのお客様をウィックロウ(Co. Wicklow)へご案内。
にぎやかな街で人にもまれた昨日とうって変わって、ヒツジがのんびりと草を食む緑の丘や牧場の景色をのんびりと楽しんでいただきました。
今の時期、生後数週間しか経っていない赤ちゃんヒツジがいっぱい。車窓に子羊が映るたび、あまりの可愛らしさに私も一緒になって、うわ~、きゃ~と大歓声😍

wicklowbabysheep0324
ドライバーのドニーがバスを停めてくれて、パチリ。この子羊ちゃんも十分小さいですが、もっともっと小さい子もたくさん見ました💓

ヒツジはアイルランド中にいますが、ここウィックロウはとくに多く、ヒツジ県そのもの。
昨年創業300周年を迎えた毛織物ブランド、アヴォカ(AVOCA)の工場&ショップでラムウールの素敵な製品を眺め…

acovamills0324
皆さん、ショッピングも楽しまれました♪

私の本の表紙にもなった森の中のフェアリー・トレイルのある、18世紀の貴族の館ラスボロウ・ハウス(Russborough House)を見学し、そこのカフェでラム肉のシチューを食し…

irishstew0324
これがアイリッシュ・シチュー、ラム肉と野菜のごった煮。パンはギネス・ブレッドでした♪

ザ・アイルランドなヒツジづくしの1日を。眺めて、身に着けて、食べちゃいました!

【関連過去ブログ】
ラスボロウ・ハウス、その昔フェルメールの名画が盗まれた屋敷(2023年5月)
ラスボロウ・ハウス、妖精の気配ムンムンのフェアリートレイル(2023年5月)
創業300年をむかえたAVOCA、ガイド付きツアーでじっくり工場見学(2023年9月)
関連記事

コメント

Mkwaju

ウィックロウに住んでいた日本人写真家
ウィックロウは1970年代から日本人が住んでいた県ですね。

来月からダブリンの Photo Museum Ireland で日本人として初めての写真展が開催される岡村昭彦さんも1970年代初めからAvocaに住んでおられました。この写真展は観に行きたいのですが、ちょっと無理そうです。naokoさんが行けそうでしたら4月12日の日本人キュレーターが登壇されるトークに参加されたらと思います。勝手にすみません。

アイルランドに取材した写真集のある写真家津田直さんの祖父も1970年代にウィックロウに住んでいたと写真集に書かれています。津田さんとイベントでお話ししたとき、祖父は陶器のノリタケのアイルランドオフィス駐在だったとおっしゃっていました。ノリタケアイルランドの陶器はいつか手に取ってみたいものです。

naokoguide

Re: ウィックロウに住んでいた日本人写真家
Mkwajuさん、こんにちは。貴重な情報をありがとうございます。
岡村さんの写真展は行きたいと思っていました。映画の上映も。4月12日はGuest Speakerとしか発表されておらず、日本人のキュレーターの方が登壇されるとは知りませんでした。行けるようでしたら行ってみたいと思います。
ノリタケアイルランドの陶器は、私がこちらに来た20数年前には何度か一般家庭で使われているのを見ることがありましたが、最近は少なくなったでしょうね。
非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイドの山下直子です。2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、アイススケート、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。長野県上田市出身。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
☘8/29最新版刊行☘好評発売中!
ikarosbook0517 . ikarosnewbook0823
初版はこちら

新規オンライン講座/講演会
→詳細は追ってお知らせ致します!

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ