FC2ブログ

記事一覧

フィリップ・トレーシーのホテル・The G

ゴールウェイにある今話題のブティック・ホテルThe Gに泊まっています。

theg5

ここは、国際的にその名を知られるゴールウェイ出身の帽子デザイナー、フィリップ・トレーシー(Philip Treacy)がデザインしたホテル!

theg6
思わず目を奪われたピンクのじゅうたん!

theg4
明るくて広々したグランド・サロン

theg7
ピンク・サロンは女の子用

theg10
ブルー・ラウンジはジェントルマン用

theg8
客室階の廊下。通るたびに座らずにはいられないカラフルなチェアー!

カラフルなパブリック・スペースに比べて、お部屋は白とクリーム色をベースとした清潔感あふれるデザイン
とっても居心地がよくて、ゆったりした気持ちになりました。

theg1

theg

theg3

theg2

奇抜な帽子のデザインで知られるフリップ・トレーシーは、カウンティー・ゴールウェイのAhascraghという小さな村で生まれ育ちました。
たまたま家の向かいが教会で、幼い頃からそこで行われる結婚式を見て育ったトレーシー。きれいに着飾って、華やかな帽子をかぶった女性たちが結婚式にやってくるのを見て、帽子やファッションへのパッションを自然に育んでいったようです。

田舎の農場で、両親と7人の兄弟姉妹に囲まれてトレーシー。
家ではニワトリやカモ、キジなどを飼っていたため、帽子の材料となるものが身近にいっぱい
ごく幼い頃から、お母さんのミシンで帽子作りをしていたそうです。

以前に、ダブリンで行われたトレーシーの帽子展を見に行ったことがありあす。
その奇抜さとユニークさの中にも、何か自然を感じさせるものがあるな~と思っていたのですが、ルーツはやはり、アイルランドの田舎にあったようです。

theg9
おしゃれなラウンジの暖炉にも、ちゃ~んと泥炭がありました

関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

旅のガイドのご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

秋のケルト市「ナオコガイドのどこでもドア」
2020年10月2~4日 東京・巣鴨にて
各日15時~ダブリンよりオンライン参加!
→詳細・入場予約はこちら

オンラインセミナー開講!
2020年6月20日(土)~
各45分・無料お試し回+全6回
→詳細&お申込みはこちら
(ライブ配信終了、見逃し配信購入可能)

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram  

ブログ内検索

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ