fc2ブログ

「ブリジッドの十字架」作り!

今日は「聖ブリジッドの日(St. Brigid's Day)」の祝日。本来は2月1日ですが、昨年より2月の第一月曜日に振り替えてバンクホリデー(公休)とすることとなり、今年は今日がその日でした。
今年から新たに祝日となった「聖ブリジットの日」(2023年2月)

アイルランド3大守護聖人のひとりでもある聖女ブリジッドは、5世紀にアイルランド初の女子修道院を創始し、生涯にわたり貧しい人や病める人にために身を捧げた「ケルトのマリア様」の呼び名で親しまれる聖女。
彼女にまつわる伝承や風習は数えきれないほどあり、中でももっとも知られているのが、公共放送RTEのロゴにもなっている「ブリジッドの十字架(Brigid's Cross)」でしょう。
イグサや、イグサがない地域では麦わらなどで編まれた十字架のお守り。異教の王の死にぎわに呼ばれた聖ブリジッドが、床に敷きつめられていたイグサを拾い集めて十字架を編み、それを用いて死の床にあった王に洗礼をほどこし、キリスト教徒として神の御許へ送った…との故事に由来するものです。
「聖ブリジッドの十字架」の由来と風習(2021年2月)

その「ブリジッドの十字架」作りの無料ワークショップが、ダブリン市内の国立ボタニック・ガーデン(National Botanic Gardens, Dublin 9)でおこなわれると聞いて、出かけてみました。

brididcrossmaking0224
聖ブリジッドについての説明・紹介に続き、十字架作りのデモンストレーション。会場は熱気ムンムン、ざっと100人を超える人が集まっていたと思います

イグサがなければ「十字架は何で作ってもいいんですよ~」との説明を聞き逃さなかった小さな子が、「質問でーす」と手を挙げ、「何でもいいなら、地球で作ってもいいんですか?」と質問していたのが可愛かった(笑)。

ブリジットについての説明・紹介では、ケルトの「インボルク(Imbolc)」祭に由来する「聖ブリジッドの日」は冬至と夏至の中間にあたる「ハロウィーン」の真逆となるケルトの歳時であること、ケルトの女神ブリジッドがキリスト教の聖女に成り代わったこと、火、詩、癒しなどにまつわる女神・聖女であること、「ブリジッドの十字架」はキッチンに置くと火事除けになること…などなど、ブリジッドにまつわる興味深い話が。

brididcrossmaking02243
十字架のかたちは地域によりさまざまだそうですが、縦横の長さが同じ四つ足型が一般的。作り立て(中央)は青々としていますが、徐々に乾いて麦わら色になります(右)

そもそも「ブリジッドの十字架」は、セント・ブリジッズ・イブ(1月31日)に古いものを燃やし、フレッシュなイグサで毎年新しく作り変えるものだそう。まるで日本のお正月のしめ縄のようですね。
私も家にいくつか飾っていますが、いずれも数年前の古いもの。お守り効果はすっかり消えているかも。ならばここで新しいものを作って持ち帰らねば!と、来る前はデモンストレーションを見るだけでいいかと思っていたのに、説明を聞いたら作る気満々に。
子どもたちをかきわけてイグサをゲットし、かなり真剣に取り組んでしまいました(笑)。

brididcrossmaking02242
デモンストレーションを見た限りでは簡単に見えたのに、いざ作ってみると、しっかりきっちり編むのがなかなか難しい。子どもたちより、大人たちの方が真剣だった!(笑)

ケルトの暦では「聖ブリジッドの日」から春。昔は皆が、大地にいちばん乗りで生えてくるイグサを編んで十字架を作り、春の到来を祝ったのでしょうが、今やアイルランド人にとっても古い風習になりつつあります。ワークショップ参加者には年配の人も多かったのですが、初めて作るという人がほとんどでした。
私の隣りでやはり必死に作っていた女性は、作り方を覚えて帰って孫に教えるの~と嬉しそう♪

3回くらい編み直して最初のひとつを完成させたら、コツがわかりました。今後ツアー中にイグサが生えているのを見たら、私が先生になってワークショップをしちゃうかも…です!(笑)

brididcrossmaking02244
グリーンの2つが本日私が作った傑作!家内安全に家の中にひとつ、交通安全(聖ブリジッドは旅の聖女でもあります)に車にひとつ。麦わら色のものは何年か前にいただいたものですが、こうして見るとかなりしっかり編んであり、まだまだ古い魔法が残っていそう。燃やしてしまうのは惜しい気がしてきました…

【聖ブリジッドにまつわる過去ブログ】
キルデアの聖女ブリジッドの泉へ(2022年1月)
片山廣子『燈火節』と聖ブリジッドつながり(2021年2月)
「ケルトのマリア様」聖ブリジッドは5世紀のスーパーウーマン!(2021年1月)
キルデアの聖ブリジッド大聖堂(2016年6月) など
関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイドの山下直子です。2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、アイススケート、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。長野県上田市出身。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
☘8/29最新版刊行☘好評発売中!
ikarosbook0517 . ikarosnewbook0823
初版はこちら

新規オンライン講座/講演会
→詳細は追ってお知らせ致します!

過去のオンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ