FC2ブログ

バレンの小さな香水工房

先日、ジャーナリストの方たちの取材旅行で、バレン・パーフューマリー(Burren Perfumeryを訪ねました。

burrenperfume3
ワンちゃんがお出迎え

石灰岩の岩場がえんえんと続く、バレンのど真ん中にある香水工房。
今から40年ほど前にオープンした、アイルランドで最も古いパーフューマリーなんだそうです。

burrenperfume6
とっても小さな工房兼ショップ。FrondMan of Aranなどダブリンのショップでも見かけるお馴染みのパーフュームに加えて、春夏秋冬のHervestシリーズが人気だそう

バレン(Burren, Co. Clare)とは、ゴールウェイ湾の南約120平方キロメートルにわたって広がる、石灰岩の岩場が露出した地域
こんな一見不毛とも見える地で香水作りが行われるなんて不思議に思われるかもしれませんが、実はバレンはアイルランドきっての植物観測の地として知られているのです。
今から1万年前、氷河が解けて移動する際に削られて出来たのが現在のバレン。
その時に、氷のかたまりが他地域から運んできた植物の種を落としていったため、ここには多種多様の植物が自生することになりました。

burrenrocks

岩の割れ目の中は気温や湿度が異なるため、「ここはスイスの山の中~」とか「地中海の沿岸部~」などと勘違いしてしまった花が、まさかアイルランドとは知らずに開花してしまう。
よってバレンでは、およそ700種の植物、それも通常では高地や暖かい地域で咲く花が多く見られるというわけです。

こんなバレン地域の豊富な植物を使ったオリジナルの香水やフラワー・ウォーター、シャワー・ジェル、ソープ、アロマ・オイルなどを製造・販売しているバレン・パーフューマリー。
科学的な薬品や顔料の入っていない天然の香りは、どれもとってもさわやかです。

burrenperfume1
陽がさんさんと降りそそぐ明るい蒸留室

近年、ハーブ・ガーデンティー・ルームもオープン。
まるでバレンの小さなオアシスのような、可愛らしい場所でした。

burrenperfume4
ティー・ルームの入り口

burrenperfume7
すべてオーガニックのお菓子たち

burrenperfume5
外のテーブルでマッシュールームのキッシュをいただきました。テーブル・クロスのイチゴまでおいしそう~

The Burren Perfumery
Carron, Co. Clare.
Phone +353 65 7089102 / Fax +353 65 7089200
Opening time : 6-8月 9:00-19:00 / 5-9月 9:00-18:00 / 10-4月 9:00-17:00 / 1月 事前予約のみ
(ティー・ルームは4-9月の10:00-17:00のみオープン)


burrenperfume2
チューリップのピンクと窓枠のブルーのコントラストがきれい

関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

オンラインセミナー開講!
2020年12月19日(土)
20時~・75分間・見逃し配信あり
詳細・お申込み→ こちら

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

カレンダー

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ