fc2ブログ

ヒースが満開!サリーギャップからグレンダーロックへ

夏は終わった…と思いきや、今頃になってプチ・ヒートウェイブ到来。今日のダブリン・エリアは日中20度を超える夏日和となり、強い日差しと青空が広がりました。久しぶり!

今日は個人でご旅行中のご夫妻様のご案内で、終日ウィックロウ(Co. Wicklow)の観光。
荒野のサリー・ギャップ(Sally Gap)を抜けてグレンダーロック(Glendalouch, Co. Wicklow)へご案内しましたが、ヒースの大群生が見事でした。

sallygapheather0923
霧に包まれた山道をあがっていくと、突如として青空が開けた!ヒースの大群生の上に立ち込める霧が、次第に山の上へあがっていく様子がなんとも幻想的でした

sallygapheather09232
サリー・ギャップへ至る道は行けども行けども荒野(泥炭地)。右も左もヒース、ヒース、ヒース…の景色が何十分も続きます!オールド・ミリタリー・ロード(Old Military Road)にて

sallygapheather09233
可憐なピンクのヒースの花。あまりに美しく、あちらこちらで車を停めては花を愛でずにいられない。お客様も「こんな景色は初めて!」と感激してくださいました💓

ダブリン市街地からほんの30分ほど車を走らせただけで、この果てしない荒野に突入してしまうのがスゴイ。これぞアイルランドの原風景、霧を抜けたときにタイムスリップしてしまったかのよう。

glendalough0923
『ナウシカ』の「風の谷」も通りました。グレンマクナスの滝(Glenmacnass Waterfall)を見下ろす場所にて。参照→「風の谷」はウィックロウ・ギャップ?

glendalough09232
そして今日のグレンダーロック。青空にラウンドタワーがひときわ美しく映えます

glendalough0923stkevinscone
観光後にはお客様と99コーン(ソフトクリーム)を。ハンサムで120歳まで長生きしたグレンダーロック修道院の創始者・聖ケヴィンにあやかって名物ケヴィンズ・コーン(Kevin's Cone)をいただきま~す♪

天気予報によると、この晴天はもう数日続くよう。夏はまだ終わってなかった、万歳〜😊
関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイドの山下直子です。2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、アイススケート、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。長野県上田市出身。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
☘8/29最新版刊行☘好評発売中!
ikarosbook0517 . ikarosnewbook0823
初版はこちら

新規オンライン講座/講演会
→詳細は追ってお知らせ致します!

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ