fc2ブログ

コネマラ西部の大自然を楽しむ① ダイヤモンド・ヒルへ登る(コネマラ国立公園)

私のアイルランド上陸25周年と称して企画した、友人たちとの週末旅行。コネマラの絶景の中で素晴らしい数日間を過ごし、身も心もすっかりリフレッシュしてダブリンに帰って来ました。
ハイキングして、サイクリングして、海で泳ぎ、大自然のエネルギーを思い切りチャージ。おいしい海の幸や、友との楽しいおしゃべりも手伝って、数日前にダブリンを出発したときにはグタグタに疲れていたのが、嘘のように元気になりました。

ゴールウェイ・シティの西に広がるコネマラ(Connemara, Co. Galway)地方はツアーのご案内でしばしば訪れる場所ですが、たいていはキラリー湾に面するリナーン(Leenaun)や、19世紀の大邸宅と庭園で知られるカイルモア・アビー(Kylemore Abeey)まで。それより西へは25年のうち数えるほどしか行ったことがなく、今回、訪ねたいと思いつつもなかなかチャンスがなかった、まだ見ぬコネマラ西部の絶景&名所めぐりが出来てとても嬉しかったです。

そのうちのひとつが、コネマラ国立公園内のダイヤモンド・ヒル(Diamond Hill Walk, Connemara National Park, Co. Galway)。
標高442mと高さはそれほどではないものの、コネマラいちの絶景スポットとして人気。最長7キロの3つのトレイルがあり、よく整備されているので手軽にハイキング/トレッキングが楽しめます。

diamondhillconnemara08233
国立公園のビジターセンターを出発。トレイルは短い順に黄色、青、赤と色分けされており、要所要所に標識があり分かりやすい

diamondhillconnemara0823
私たちは山頂に到達する7キロの赤で示された周遊ルートへ。歩き始めはなだらか、トレイルもボードウォークやら石段やら変化に富んでいて楽しい

diamondhillconnemara08232
中腹あたりですでに大絶景が。入り組んだ入江と小さな島々をバックに両手を広げる友人スティーヴンとディヴィッド。まるで天空の城にやって来たかのような気分!

diamondhillconnemara08236
山頂に近づくにつれ傾斜がきつくなります。このあと、少しだけよじ登る箇所も

diamondhillconnemara082312
空模様が怪しくなってきたので今のうちに記念撮影!

diamondhillconnemara082313
どうやらここが山頂のよう。こういった高台が2か所あり

diamondhillconnemara08238
眼下にはカイルモア・アビーと、その前に広がる湖が。カイルモア・アビーにはよく行きますが、こんなふうに上からハードビューで見るのは初めて!

山頂は強風でしたが西風だったので冷たさはなく、ワイルドなアイルランド西海岸を全身で気持ち良く体感。山頂からの眺めと、風の音をどうぞ。↓



このあと、下山しようとしたまさにその時に雨雲に追いつかれ、大粒の雨が降り出しました。空模様からそろそろかな…と予測してフードをかぶったり、雨用ズボンをはいたりして準備していた私たちは、きゃ~と叫ぶ観光客を横目に、何ら動じることなく下り道へ。この国の天候をよく知っている、地元民の強み(笑)。
トレイルは一方通行のループとなっているので、下りは違う道&違う景色を楽しめます。

diamondhillconnemara08237
登りは海を見ながらでしたが、下りはコネマラの背骨を成すトゥエルブピンズ(Twelve Pins)と呼ばれる山並が臨めます。雨にむせぶ姿も美しい…とは言え、ほんの数十秒で雨はやんでしまいました。ただの通り雨〜♪(←堀江淳...昭和な人にしか分からないでしょう😂)

diamondhillconnemara0823heather
ヒースの花も見頃

下山しながら記憶がよみがえってきたのですが、実は25年前、はじめてアイルランドに来たときにここへも来ていた!山頂までは登らなかったけれど、3つのトレイル中、最短の黄色コースを歩いたことを、ふもとにいたコネマラ・ポニーを見て思い出しました。
あのとき、上まで行きたいなあと思いつつも、時間がなくて行けなかったことを思うと、ダイヤモンド・ヒル登頂は25年越しの夢だったのでした。(すっかり忘れていたけれど・笑)

diamondhillconnemara08239
目を伏せてウトウトするポニー。コネマラ原産の小型の馬です

diamondhillconnemara082310
ビジターセンター近くから見るダイヤモンド・ヒル。ついに登りました、あの山頂へ

途中や山頂でのトータル30分程の休憩を含め、所要約2時間45分でした。昨年それぞれ2回ずつ登ったメイヨーのクロー・パトリックや、ドネゴールのエリガルに比べ、足場が良い上、大部分がなだらか。手軽なハイキングで素晴らしい景色が楽しめて、大満足でした。

letterflacklunch0823
お腹ペコペコで下山して、近くのレタフラック村(Letterfrack, Co. Galway)でランチ。ヴェルドンズ・シーフェラー・バー(Veldon's Seafarer, Letterfrack, Co. Galway)にて

letterflacklunch08232
パブの天井から吊る下がっていたのは、クジラの顎の骨!

letterflacklunch08233
今日のランチは絶対コレと決めていました。ギネスとフィッシュアンドチップス♪

4人が4人ともフィッシュアンドチップスを注文。モリモリ食べ終えたあとは、近くのビーチへ繰り出してひと泳ぎしました。
その美しいビーチのことは、あらためてご紹介します。
関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイドの山下直子です。2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、アイススケート、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。長野県上田市出身。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
☘8/29最新版刊行☘好評発売中!
ikarosbook0517 . ikarosnewbook0823
初版はこちら

新規オンライン講座/講演会
→詳細は追ってお知らせ致します!

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ