fc2ブログ

予約の取れない人気レストラン、ヴィンテージ・キッチンへ

数年前から密かに話題になっていたビストロ風の小さなレストラン、ヴィンテージ・キッチン(Vintage Kitchen, Dublin 2)。
テーブル数が少なく、とにかく予約が取れずにいたのですが、今回は2ヶ月ほど前に計画し、夕方5時という早い時間になんとかテーブルをゲット。楽しみに出かけました。

vintagekitchen07233
繁華街から外れた、裏路地にある小さなお店

vintagekitchen0723
小さな店内の半分がキッチン、半分がテーブル席。全25席くらいでしょうか、本当にこじんまり

友人ご夫妻と3人でディナー。最近行って来られたという南西部ケリー(Co. Kerry)旅行の話を聞いたり、先日の私の一時帰国の話をしたりしながら、次々と出てくる料理に舌鼓を。

vintagekitchen07232
丸くて小さなパン。バターではなく、添えられていたのは自家製パテ

vintagekitchen07234
前菜は本日のスペシャルの具沢山のシーフード・チャウダーを。アイルランドで定番のクリーミーなタイプではなく、トマト・ベースでちょっとピリ辛。添えられたパンはおそらくギネス・ブレッドで、ほかほかに温かく、上にのった魚系のパテがこれまた美味

vintagekitchen07236
友人の前菜もおいしそう。燻製ハドックとニョッキ、上にのっている赤いものはイクラ

vintagekitchen07235
そしてメインがすごかった!サーフ&ターフ、2人分です。「サーフ」は2種のエビ、「ターフ」は炭火焼サーロインステーキ。ステーキの下には赤ピーマン・ベースのエビ入りソースと、ロースト・ポテトやサヤエンドウなど野菜が

vintagekitchen07239
こちらもビーフですが、52度で蒸し焼きにしたフィレ肉。なんと美しい盛り付けでしょう、アイリッシュ・トリコロールだ!

vintagekitchen07237
かなりお腹いっぱいで迎えたデザートは、ハーフ・ベイクド(半生)のチョコレート・ケーキ&バニラアイスクリーム。濃厚!

vintagekitchen07238
友人のデザートは、マンゴー+ビスコッティ+ジンジャー+レモンシャーベット

3コースで65ユーロ。お値段に見合う素晴らしい内容でした。
食材はシンプルながら手が込んでいて、どのディッシュもほかにはないオリジナリティーが感じられる、楽しいディナーでした。食事をしたというより、貴重な食体験をしたような気分。
あっという間の2時間で、私たちがおしゃべりしすぎて食べるのがゆっくりだったせいか、最後はちょっとせかされて席を立つことに。人気店のため、予約スロットがタイトなのでしょうね。

昨今の物価高云々を懸念して、近ごろ外食押さえ気味に暮らしていましたが、久しぶりのプチ贅沢で気持ちが豊かになりました♪
関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイドの山下直子です。2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、アイススケート、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。長野県上田市出身。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
☘8/29最新版刊行☘好評発売中!
ikarosbook0517 . ikarosnewbook0823
初版はこちら

新規オンライン講座/講演会
→詳細は追ってお知らせ致します!

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ