fc2ブログ

ラスボロウ・ハウス、妖精の気配ムンムンのフェアリートレイル

かつてフェルメールの名画を所有していた(そして盗まれた!)ラスボロウ・ハウス(Russborough House, Co. Wicklow)ですが、この屋敷で私が大好きなのがフェアリー・トレイル(Fairy Trail)。

russboroughhouse052315
2つあるトレイルのうち、「レイク・ウォーク(Lake Walk)」の一部がフェアリー・トレイルに

以前ここは、カウンティー・ケリーにある2つのトレイルと同じ妖精ファミリーの棲み処でした。(作っている人が同じだった)
最近、別の妖精ファミリーの棲み処になった…と小耳にはさみ、行ってみるとすっかり家の様子が変わっていました!
※以前の様子、過去ブログ参照→ラスボロハウスのフェアリートレイル(2016年7月)

20230519_155935 (1)
家ではなくドアのみに。よく見るとドアに蝶々が飛んでいたりして素敵。住んでいる妖精たちの名前の表札もあり

フェアリー・ドア大工は、ここウィックロウに住むジョーさんという男性らしい。
販売もしているようなので、人間からの注文も受け付けてくれるよう。→Natures Sculptures Ireland

20230519_160601 (1)
圧巻はこちら、妖精マンション!

このフェアリー・ドアのコンセプトは、妖精のライフスタイルに合っていると思うんですよね。
もともと自然霊ですから、人間が住むような家より直接樹木に住むのを好むでしょうから。

妖精マンションの先に、レディーズ・アイランド(Lady's Island)という小さな島があります。18~19世紀のアルカディア趣味の名残り。マリー・アントワネットがプチトリアノンに可愛らしいファーマーの家を建てたりして農村を再現したように、当時の貴族たちは牧歌的な農村の風景に憧れを抱き、その要素を屋敷の庭に取り入れたんですね。(農村の貧しい現実は知らず、うわべだけに憧れたわけですが…)
ここには建物は残っていませんが、周囲に堀を掘ってサンクチュアリとしていたようです。

russboroughhouse05238
そしてジャポニズムが流行った20世紀初頭、このような橋がかけられ、近年修復された形で残っています

このレディーズ・アイランド、以前に来た時も感じたのですが、妖精の気配ムンムン。
近年、フェアリー・トレイルとか、ウォークとか、ガーデンといったものが各地につくられていますが、まったくもって子ども向けのテーマパーク風なところも多い中、ここはかなりホンモノに近い空気感です。

russboroughhouse05237
いたずら好きの妖精が住んでいそう

russboroughhouse05239
小さなドアは子どもの妖精用?

russboroughhouse052310
鮮やかなオレンジ色のツツジが満開。日本庭園風でもあります

russboroughhouse052311
妖精へお手紙を出せる郵便箱あり。お花や葉っぱを送ってもいいらしく、お母さんと遊びに来ていた子が開けて見せてくれました

russboroughhouse052314
このベンチ、きっと魔法がかかってるに違いない。すわったら絶対にアナザー・ワールド行きですよね~

いいなあ、妖精たちは木に住めて。それもお屋敷の敷地なんて素敵。
私もジョーさんにドアを注文して、好きな木に取り付けて住みたいですっ!

russboroughhouse052316
森の道を歩くのも楽しい。タンポポの綿毛に乗って私も飛んでいきたいです~
関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイドの山下直子です。2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、アイススケート、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。長野県上田市出身。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
☘8/29最新版刊行☘好評発売中!
ikarosbook0517 . ikarosnewbook0823
初版はこちら

新規オンライン講座/講演会
→詳細は追ってお知らせ致します!

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ