fc2ブログ

サーフ・クラブの年次総会

昨晩はサーフ・クラブの年次総会で、ダブリンのシティセンターのパブで久しぶりにクラブの面々が集いました。

macgrattansagm02232
老舗パブ&レストラン、マクグラッタンズ(McGrattans Bar, Dublin 2)にて

木曜夜のダブリンのパブは、各種クラブ活動の飲み会ラッシュ。週末本番の金曜・土曜は、より内輪の友人や恋人とのナイトアウトの日なので、クラブの集まりは木曜夜が定番なのです。
昨晩は総会ということで、パブ内部のプライベートルームを貸し切り、活動報告や新役員の選出、今後のクラブの方向性などをパイント片手に話し合いました。

macgrattansagm0223
オフィシャルな話が終わると誰からともなく議題が出され、カジュアルな意見交換の場に。自然に椅子が内向きになり、みんなで丸くなって話し合い中…ですが、なんだか躍り出しそうな足元!笑

コロナ禍で活動が停滞気味だったサーフ・クラブですが、昨晩の話し合いはまるで決起集会のごとく、活動をもっと活発化させよう、あれもやろう、これもやろう!と熱がこもりました。
かつては年次総会と言えば、30人、40人、多いときは50人と集まったものですが、時代は変わりましたね。クラブのメンバー数は以前より多いくらいなのに、アクティブなメンバー(飲み会要員?)の少ないこと。近ごろの30代以下の人たちは、対面の集まりにあまり来ないのです。

夜も更け一人二人と去っていき、最後まで残ったのは私含め、古参のメンバー4人。
クラブに入会した時は私たちも皆30代でしたが、共にサーフィンし、各地のサーフ・スポットでパイントを交わしワイワイやっているうちに、40代・50代に。この馴染みの仲間、つまり内輪になったとたん、本音トークが炸裂。(笑)
アイルランド人は場の雰囲気が悪くなることを避け、大勢の場では極端な発言は控え、ディプロマティックに振る舞いがちです。長くクラブにいる私たちはそれなりに意見もあり、でも、先輩風を吹かせすぎてはいけないと言い淀んでいる部分もあって、穏やかな話し合いの裏で実はモヤモヤしていたのでした!

そんなこんなで、10時には帰る!と豪語していた私ですが、帰宅したのは(友達の子どもの言い草によると)すっかりパンプキン・タイム。🎃
まあ、波のないダブリンのパブでわちゃわちゃやっている間が合ったら、大西洋へ波を探しに行きなさい、って感じですよね。しばらく行けていないので、そろそろ冬の海に戻らなくちゃ…と思っているところです。(が、風が強くなかなかコンディションが整わない…🤔)
関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイドの山下直子です。2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、アイススケート、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。長野県上田市出身。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
☘8/29最新版刊行☘好評発売中!
ikarosbook0517 . ikarosnewbook0823
初版はこちら

秋のケルト市!
2023年10月29日(土)
映画『ウルフウォーカー』解説上映
詳細はこちら

拙著販売&サイン会!
2023年11月27日(月)京都
ルナサ来日コンサート会場にて
詳細はこちら

2023年12月2日(土)東京すみだ
2023年12月3日(日)所沢
ケルティック・クリスマス会場にて
詳細はこちら

岡山市にて講演!
2023年12月9日(土)
→詳細は追ってお知らせ致します!

東京・銀座にて講演!
2024年1月14日(日)
→詳細は追ってお知らせ致します!

新規オンライン講座!
→詳細は追ってお知らせ致します!

過去のオンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら

カレンダー

08 | 2023/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ