fc2ブログ

オバケだぞ~!ハロウィーン近づく👻🎃

早いもので今年もハロウィーンまであと10日ほど。
ダブリンの下町では魔除けの爆竹を鳴らす習慣があり、下町に近い我が家ではすでに9月から聞こえていたのですが、早く鳴らし過ぎて足りなくなったのか、10月になったら聞かなくなりました。本番にそなえて備蓄しているのかな(笑)。

ハロウィーン仕様に飾り付けをする家も増えてきました。住宅街を歩いていたら、オバケがいてびっくり~。

Halloweenwalking10222
きゃあ~👻👻👻

Halloweenwalking10223
定番の頭蓋骨も💀💀💀

Halloweenwalking10226
カボチャのランタン。上手に出来てますよね!🎃

Halloweenwalking10227
怖い飾りではなく、秋仕様の素敵なリースをかけているお家も

Halloweenwalking10224
この家、魔女の家っぽい。なんだかこのゴチャゴチャ感がかえって怖い…笑

Halloweenwalking10225
こんなカワイイのも🎃

近年、ハロウィーンがケルト起源の祭りごとであるということも、より知られるようになってきましね。
アイルランド大使館さんのハロウィーンの説明動画がとても分かりやすいので、今年もまたご紹介させていただきます。



アイルランドでは来週末に向けてイベント盛りだくさん。
大きな催しとしては、カウンティー・ミースでプーカ・フェルティバル(Puca Festival)、10月28~31日)が、北アイルランドのデリーでハロウィーン祭り(Derry Halloween)が今年も予定されています!

【ハロウィーンに関する過去ブログ】
ハロウィーンに食べる伝統のパン、バーンブラック(2021年11月)
トリム城もハロウィーン仕様に!プーカ・フェスティバル(2021年10月)
スレーン城のハロウィーン祭り、プーカ・フェスティバルへ(2021年10月)
ハロウィーンの提灯はカブ?カボチャ?…『銀の森のパット』と『丘の家のジェーン』より考察(2021年4月)
移民が伝えたハロウィーンと、『アンの愛情』デイビーのお化け提灯のこと(2020年10月)
映画『イン・アメリカ』に見る「青い人」と80年代のアイルランド移民(2020年7月)
関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、アイススケート、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

新規オンライン講座!
文学ゆかりの地で歩くアイルランド
2023年2月4日(土)16:30~
2023年3月4日(土)16:30~
2023年4月1日(土)16:30~

→詳細&お申込みはこちら

過去のオンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら

カレンダー

11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ