fc2ブログ

路地裏のパン屋さん、ブレッツェル・ベイカリー

ジョギングの途中、ルート上にあるカフェに立ち寄り、コーヒーやデニッシュをテイクアウトしてひと休みするのが楽しみのひとつとなっています。
このところのお気に入りは、路地裏のパン屋さんカフェ、ブレッツェル・ベイカリー(The Bretzel Bakery, Lennox Street, Dublin 8)。

brezelbakery08222
ジョギング・コースのひとつであるグランドカナル(Grand Canal)近くの路地裏、赤いショップフロントが目印

1870年創業の歴史あるパン屋さんで、もともとユダヤ人が経営するパン屋さんだったそう。(この辺りはユダヤ人街でした)
150余年の歴史の中で持ち主が何度か変わり、廃業寸前となったこともあったようですが、2000年に学生時代からここのパンの大ファンだったというリマリック出身の男性が購入。彼の才覚と時代の後押しにより、国内外で数々の賞を受賞する人気のベイカリーに成長しました。

brezelbakery08226
店内にあるアイリッシュ・フード賞金賞のメダル

店舗は小さいですが、大量生産が可能な製パン工場を併設しているようで、ダブリン・エリアのさまざまな店へ卸売りもされています。近年、テスコやスーパーバリュー、フレッシュといった大型スーパーでも「ブレッツェル」ブランドの家庭用食パンを見かけるようになりました。

サワードウブレッドやブラウンブレッドなど焼き立てのおいしそうなパンがずらり。ケーキやデニッシュ、スコーンやマフィンも。
私自身は一斤全部食べ切るほどパン党ではないのと、若干小麦アレルギー気味なこともあり、ここで買うのはもっぱら一個食べ切りの菓子パンで、今はまっているのがこちら、ルバーブのデニッシュ。

brezelbakery08223
クロワッサン風のサクサク&モチモチ生地と、甘酸っぱいルバーブが美味しいのなんのって…😋 セント・ブリジッド・クロスみたいな手裏剣型もいいですね

毎日8時から16時まで。飲食スペースは限られており、小さなテーブルが一つか2つ、椅子はないくテイクアウトが主流。
今朝もこのルバーブ・デニッシュを楽しみに走り、8時の開店直後に焼き立てをいただきました~。

brezelbakery08224
昔のパン焼き釜を思わせる店内のインテリア
関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

福岡市にて講演!
2022年4月24日(日)14:00~

★『赤毛のアン』に見るケルト
→終了、ありがとうございました!

東京「春のケルト市」にて講演!
2022年5月3日(火祝)11:00~

★牛とジャガイモと移民の歴史
→終了、ありがとうございました!

オンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら
新規講座! →詳細決まり次第お知らせいたします!

カレンダー

09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ